【孤独な旅/船旅】日本最北限にある最強パワー・スポット!見内(みない)神社に潜入する!-東京占い無料幸運-

北海道への旅-A Trip To Hokkaido-
Shrine in Rebun Island in Hokkaido-3

礼文島の

きれいな海岸線には、

アイヌの伝説が残るパワー・スポットがあります。
その

神社の

名前は、

「 見内神社 」!

そうです。

ミナイ神社です。

この
神社は、
ちょうど、
島の中央にある
香深井という場所にある。
また、
ここを
分岐点にして、
礼文島の天気は、

大きく変わる。

Shrine in Rebun Island in Hokkaido-1

この

神社は、

遠い昔、

礼文島に

住んでいた

新婚の

アイヌの青年が
可愛い奥さんを残して、
アイヌ民族の抗争に

巻き込まれていった

悲しい話が下敷きになっている。
その際に
船を出して、
戦地に赴く夫の姿を
新妻が見守っていたら、
夫を心配する新妻の強い想いから、
新妻が岩になったという伝説である。

それから、

岩になったアイヌの
新妻を見ると不幸になるので、
その岩に囲いをしたという言い伝えである。

その

岩になった

アイヌの新妻を

見ないで通らないと行けないので、
「ミナイ神社」という名前になったらしいです。

または、

明治時代に
入植した和人(日本人)が
現在の
見内神社がある
場所が礼文島に住む、
アイヌの信仰の地であることを無視して、

さらに、

その地が

豊かな

ニシンの漁場であることに

目を

付けた和人が
アイヌの儀式を

行わずに

アイヌの神を
祀っていた地を

荒らした結果、

和人の妊婦の死産が増えてしまった。

その

神の怒りを
鎮めるために

慌てて神社を

建立したという話である。

そのため、

現在、

見内神社は、

安産祈願の神社となっている。

見内神社は、

きれいに砂利が敷かれており、
神社内も気軽に覗くことができる。

Shrine in Rebun Island in Hokkaido-2

この
神社への

アクセスは、

フェリー・ターミナルから

Shrine in Rebun Island in Hokkaido-3

レンタカー、

レンタル自転車、

徒歩、レンタル・バイク、タクシー・・・

または、

本数は、
少ないですが
バスでも行けます。

安産祈願の神社!

「 見内神社 」!

出産に不安を抱いている女性におススメです。