【孤独な旅/船旅】太平洋フェリーで行く北海道の礼文島vol.15-東京占い無料幸運-

北海道への旅-A Trip To Hokkaido-
Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-3

今日は、

空が

晴れている。

私は、

朝食を
食べてから、
レンタカーで

島の北側を目指した。

もう、

離島は、

明日だ!

Time Limitは、

近いのだ!

私は、

トヨタの

カローラを飛ばして、

澄海岬を

目指した。

今日の予定は、
まず、
午前中で
島の北側をめぐり、
お昼前には、
車を
返して、

礼文島で

一番、
人気がある
トレッキング・コースである

桃岩展望台を

歩くことにした。
さあ、
島の北側を

目指すぞ!

礼文町の
中央から、

私は、

きれいに
整備された道を走る。

廃校、

陸上自衛隊の基地、

高山植物園、

久種湖、島に二つしかない信号機・・・

そして、

香深の町から走ること30分!

西上泊にある

礼文島の景勝地!

「 澄海岬 」!

スカイ岬に到着した。

スカイ岬?

澄んだ海の岬!

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-1

まだ、
朝が早かったため、
私、
以外に

観光客はいなかった。

まさに

貸し切り状態!

スカイ岬の入り口にある
お土産店も営業していなかった。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-2

この

スカイ岬は、

平成元年に
公募で名前が付けられた
礼文島を代表する観光地である。

そして、

この
岬の名前が
付けられた平成も
終わりが近づいている。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-3

スカイ岬へのアクセスは、
西上泊港の

隣に

併設された
無料の駐車場に

車を

置いて、

歩いて行く!

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-4

今日は、
非常に天気が良く、

お日様が射していた。

この岬?
とても、

風が強い!

確実に

風速は、

10メートルを超えているだろう!

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-5

私は、
礼文島の西側の風景を一人、楽しむ!

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-6

写真の奥に見えるのは、
ゴロタ山という岩のような山である。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-7

このゴロタ山へは、
歩いて行けるトレッキング・コースが設けられている。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-8

いつの日になるかわからないが

次回、

礼文島に

来た時は、

そのコースを

歩いてみよう!

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-9

とにかく、
たくさんのトレッキングコースが設けられている。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-10

私は、
我を忘れて、
ゴツゴツとした
粗削りな風景を楽しんだ。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-11

礼文島は、
島の西側と東側で、

大きく環境が変化する。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-12

礼文島?

主に
人間が
住めるのは、

島の東側らしい。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-13

その
理由は、
島の西側は、
非常に崖が多く、
道路が作れないらしいです。
そのため、

人間が住めない!

でも、
ポチポチと

集落があります。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-14

また、

島の西側は、

非常に

風が強く、

住居を建てるのに

向いていない環境とのこと!

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-15

確かに
礼文島の

西側は、

風が強いです。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-16

朝方、

「 見内神社 」まで、

自転車で
行きましたが
向かい風が強くて、

一生懸命、

ペダルをこいでも、

全然、

前に進みませんでした。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-17

私は、
澄海岬を
楽しんでから、
島の北側を車でめぐりました。

Sightseeing Rebun Island in Hokkaido-18

私が

澄海岬に

到着した時は、

駐車場に

誰もいませんでしたが、

帰りは、

大型バスが数台、

駐車しており、

たくさんの

団体客が

バスから降りてきました。