【孤独な旅/船旅】太平洋フェリーで行く北海道の礼文島vol.14-東京占い無料幸運-

北海道への旅-A Trip To Hokkaido-
Walking on Rebun Island in Hokkaido-2

私は、

香深、

フェリー・ターミナル前の素泊まり民宿で目覚めた。

値段は、

数千円で
また、

この民宿!

食堂も
併設されているので、
温かいご飯も食べられる。

昨晩は、

島の南側まで歩いて、
気が付いたら午後五時を過ぎていた。

私は、

一度、

民宿に戻り、

礼文町にある唯一の温泉に入りに行った。
この
温泉の名前は、

礼文町温泉、

「 うすゆきの湯 」である。
温泉は、
フェリー・ターミナルから歩いて、

五分以内の場所にある。

サウナも露天風呂もある清潔な温泉である。
一応、

源泉かけ流しらしい。

料金は、

600円であった。

私は、
二日ぶりの
お風呂に入って、

旅の疲れを落とした。

やはり、
旅の
醍醐味は、

風呂にある。

中年親父には、
深夜の夜行バスは、

体にこたえる。

もう、
私は、

爺なのだ!

それから、

民宿で

軽い食事を
すませてから、

ぐっすり眠った。

次に

目が

覚めた時は、

午前四時!

私は、
朝飯前の
気分転換に
自転車を借りて、
島の北側を目指した。

Walking on Rebun Island in Hokkaido-1

今日の
天気は、
曇りだが、

Yahooの

天気予報では、

晴れとなっていた。

Walking on Rebun Island in Hokkaido-2

私は、
自転車を

こぎ続ける。

そして、
変わりゆく、

風景を楽しむ!

雲の隙間から太陽が見え始めた。

Walking on Rebun Island in Hokkaido-3

今日の予定は、
バスに乗り島の北側を目指すことだ。
礼文島には、

二泊三日の滞在!

私に
時間は、

残されていない!

Walking on Rebun Island in Hokkaido-4

私は、
自転車をこぐ!
海の色が変わり、
太陽の光線が
曇り空からのぞき始める。

Walking on Rebun Island in Hokkaido-5

とにかく、
礼文島、

滞在中に

雨さえ降らなければいいのだ。

礼文島!

晴れたと思ったら曇ったり、

島の上空は、

本当に気まぐれだ。

Walking on Rebun Island in Hokkaido-6

私は、
午前四時半から

自転車をこいで、

大体、

80分が

経過してから、

民宿に戻った。

今日は、

運が良く、

風が弱かったので、
思った以上の距離を走っていた。

さあ、

朝飯を食べて、

始発のバスで北を目指すぞ!