【孤独な旅/船旅】白い恋人のアイス?苫小牧フェリー・ターミナルの名物スイーツ!白い恋人のソフトクリームを食べる!=東京占い無料幸運=

北海道への旅-A Trip To Hokkaido-
White lover-4

夏の

苫小牧フェリー・ターミナルは暑い!

私は、

ポート・ミュージアムを
後にして、
二階の乗船口に戻った。
フェリー・ターミナル内の
コンビニで
無糖の
冷たい
缶コーヒーを
購入しようと思ったら、
ターミナルの隅っこにある
レストラン・カームに目が向いてしまった。

White lover-1

素早く、
ガラケーで

食べログを

見てみると
みんなの

評価が高い!

お店に
近づくと

「 白い恋人 

  ソフト・クリーム! 」

と書かれている。

White lover-2

私は、
甘党ではないが
北海道を代表する銘菓、
「 白い恋人 」という言葉に
引き寄せられて、お店の中に入ってしまった。

White lover-3

すると

厨房から

女性の
店員が出てきて、

座席を案内してくれた。

私は、
持ち出しで
この

「 白恋 」、

ソフト・クリームを
食べたいと
女性店員に言うと
今すぐに
ソフトを
用意するので
レジでの清算を
お願いしますと言われた。

私は、

レジで

350円を払い!

ソフトは、
カップではなく、

コーンで

頼みますと注文を出す。
しかし、
女性店員は、

嗚呼、

無情にも

「 今は、

  コーンを

  切らしており、

  カップしかない! 」

と言うのであった。
仕方がない・・・
私は、
太平洋フェリー内の
夕食のビュッフェで

バニラ・アイスを

食べ過ぎていたので、
チョコレートの白恋ソフトを注文した。
店員さんは、
私が

「 チョコレート? 」と言うと

「 えっ! 」という顔をした。

その後、
私は、
カップの
ブラックで腹黒い

中高年の黒恋?

白恋ソフトを
レストラン・カームの隣に
設置された椅子の上でゆっくりと味わった。
ここ
数年、
白い恋人を
食べたことはないが

アイスは、

ほのかに

「 白い恋人 」の味がした。

この
白恋ソフトの味は、
まあまあといった感じである。
ちなみに
白恋ソフトのサイズは、
成人男性には、

小さく、

やや物足りない分量であった。
それに加えて
カップに
入ったアイスのため

コーンをバリバリと

食べられないので気分が出ない。

White lover-4

しかし、

北海道上陸の

良い思い出になった。
私の
旅は、
始まった
ばかりなのだ。
さあ、

札幌を

目指そう!
なお、
このレストラン・カームの隣は、
スマホ、

タブレット・PC用の

充電ができるテーブルが設置されている。
私は、
バスの時間が来るまで、
ここで、

PCと

ガラケーを

充電させてもらった。