【孤独な旅/船旅】北海道の苫小牧ポートミュージアムを見学する!-東京占い無料幸運-

北海道への旅-A Trip To Hokkaido-
Port museum of Tomakomai port-1

1975年に
運用が始まった
苫小牧フェリー・ターミナルの三階には、
地味だが強く好奇心がそそられるポート・ミュージアムがある。

Port museum of Tomakomai port-1

この
ポート・ミュージアムは、

2013年に

レストラン、
多目的ホールの
リニューアルが行われて、
第2号バース用の2号歩道橋が
改築された際に設置されたミニ博物館である。

Port museum of Tomakomai port-2

この
ポート・ミュージアムは、
苫小牧フェリー・ターミナルの
歴史を教えてくれるミニ博物館である。

Port museum of Tomakomai port-3

この
ポート・ミュージアムに入ると
床に
大きな
苫小牧港の
カラーの航空写真が印刷されている。

Port museum of Tomakomai port-4

さらに
苫小牧港に設置された
ソーラー・パネルの紹介や
東日本大震災の記録や巨大な
フェリーの模型などが飾られている。

Port museum of Tomakomai port-5

見学者は、
私、
以外に
アメリカ人の

中年男性が二人いた。

二人の
中年アメリカ人は、

ベチャクチャと英語で

東日本大震災のパネルを見て話していた。
私が
二人の話す
英語を翻訳すると

「 これほど、

  震災の被害が

  ひどかったのか? 」

「 苫小牧港の

  航空写真は、

  見応えがある。」、

「 大洗を

  着いたら

  東京に行かないとな? 」

「 俺は、

  長生きしたい! 」

などと話していた。

苫小牧港は、

北海道のエネルギー基地であり、
本州からのフェリーが多く入港する巨大な港である。

Port museum of Tomakomai port-6

苫小牧ポートミュージアムは、
そんな、
港の歴史を

静かに教えてくれる。

ちなみに
この
苫小牧港、

ポート・ミュージアム!

私と
謎のアメリカ人、

二人組以外、

見学者はいなかった。
私、
Copernicusという船は、
まだ、

出港したばかりだ。

浮くか

沈むか・・・

人生は、

嗚呼、

無常だが
俺の

旅は、

俺の

胸の

鼓動が

止まるまで続く・・・