【転職宣言】自壊するサラリーマンvol.4-退職方法について考える!-東京占い無料幸運-

就職活動の悲劇-Tragedy in job hunting-
サラリーマン-東京占い無料幸運-

みなさんは、
会社を辞めるとき
どのように退職話を切り出しますか?

会社を辞める?

なんか、
上司に
言い出しにくい感じがする話です。
その
会社が
良い会社なら、
なおさら、切り出しにくい!
その
会社が
最低の会社なら
なんか、

後が怖い!

なんか、

言い出しにくい!

そうです。
今日の
話題は、

会社の辞め方、

退職方法について見ていきます。
みなさんは、

知っていますか?

退職とは、
雇う側と
雇われる側の

大事な交渉事であることを!

そのため、
あなたが
退職を切り出す際は、

外交官になったつもりで、

必ず、
あなたの上司と
一対一になれる環境で行いましょう。
場所は、

どこでもいいので、

とにかく、
二人になれる環境で

退職話を切り出しましょう。

次に
大事なことは、
上司や同僚を動揺させないことです。
これは、
良い会社、
悪い会社に勤務していても同じです。
あなたが
社会人なら、
あなた

一人のために

周囲の人に心配をかけてはいけません。
だから、
必ず、
あなたの
直属にあたる上司に
こっそりと退職の意志を伝えましょう。

会社というものは、

どんな、
ダメな会社でも
会社というものは、
中間管理職→管理職→経営者と

ピラミッドの構造をしています。

あなたが
会社を辞めるのは自由ですが、
その
手続きは、

組織内で

段階的に行われるものです。
その一点だけは、
あなたの
自由には、

なりません。

そして、
あなたは、
この大事な手続きを

無視してはいけません。

基本的に
人事の決裁権とは、
段階的な手続きをもって決められます。
その際には、

必ず、

上司の顔を
立てるようにしないといけません。

特に

あなたが
良い会社に
勤めている場合は、

あなたの

上司が受け持つ部下となる

あなたの

退職が

会社の

マイナスにならないように配慮しないといけません。
特に
職場内での
人間関係が良い場合は、
あなたは、
一般常識を尊重して、

礼節を尽くす必要があります。

また、
退職の意志を
伝える時間帯に関しても、
上司が忙しくない時間帯を選びましょう。

でも、

あなたの
勤め先が小さな会社なら、
直接、
社長や部長に
退職の意志を伝えて、
スッキリと思いを告げて辞めましょう。

そのほうが話が早いです。

次に
退職話で
大切なことは、

退職をする時期を

明確にすることです。

これは、
一般的に

労働基準法で

定められた期間を尊重しましょう。
法的には、
退職の意志を伝えた

二週間後に退職となっています。

でも、
余裕を持って
退職手続きを行わないと
会社における組織労働では、
引継ぎや後任者の問題などが発生するので、
あなたは、

退職の意志を

会社を辞める二~三か月前には、
伝えたほうがいいと思われます。
これは、

ケースバイケースです。

しかし、
業種によりますが、
基本的に
ひどい会社ではない限り、
会社が
忙しい期間である繁忙期に
退職するのは、

止めましょう!

しかし、
辞める側からしたら、

まあ、

そこまで、

会社に義理はないですが・・・!

でも、
これは、

大事なことです。

なぜなら、
カッコイイ退職方法とは、
会社に負担がかからないことを
最優先にしないといけないからです。
これが

大人です。

しかし、
忙しい会社というのは、

基本的に余裕のない会社です。

多くの

悪い会社は、

日頃、
極悪な上司や
おバカな同僚でも、

退職希望者を

優しい言葉で釣ったり、
脅迫じみた言動で引き留めようとします。
実は、
こういった手法で
丸め込まれる退職希望者が

この

腐った、

労働環境では、

結構、

多いのです。

そして、
労働者の

最後は、

ボロボロになって、

会社に殺されるのです。

そのため、
退職希望者は、
退職の際には、
鉄の意志を持って、
ブレない言動と行動が求められます。
これは、

本当に

大切なことです。
あなたが
会社を辞めると

決めたら必ず辞めましょう。

あなたの

一生がかかっているのです。

しっかりと、
あなたは、
退職の意志と
退職に関する日程を
会社と上司に示さないといけません。
それでも、
会社と上司に
退職を妨害されるのなら、

民法627条に則って、

あなたが
退職する二週間前に
「退職届」を提出しましょう。

「退職届」とは、

労働者、
従業員から、

会社に対して、

労働契約を解除させる伝家の宝刀です。
労働者は、

奴隷ではないのです。

労働者とは、
辞める権利が

守られた勤労者なのです。

しかし、
これは、
飽くまでも、

最終手段です。

基本的に
退職希望者は、

穏便に

丸く、

正しく、

会社を
辞めることを

心がけましょう。

でも、
あなたが
法的に無知なら、
行政が支援する法テラスなどを
利用して会社を辞める方法を教えてもらいましょう。
これは、

本当に

社会経験のない人には、

心苦しい作業なのです。

特に
若い人は、
高等教育を
受けていても、
精神的に未熟なので、
雇用に関するトラブルで

泣いている人は多いと思います。

そんな時は、

誰かに相談です。

昔から、
労働者が持つ失業の恐怖に付け込んで、
働かせる悪い会社や人間は、多いです。

また、

新卒者で
四月に会社に入って、

もう辞めたいと思っている人は、

これらのことを

肝に銘じて、

慎重に手続きを行わないといけません。
そして、
新卒者で

退職を

考えている人は、
その会社が
ひどい会社ではない限り、

一歩、

踏み止まって、
考えてみましょう。
新卒者というものは、
どんな有名大学を出ていても、

即、

会社の戦力(労働者)になる人は、

いません。

特に
まともな
大企業の場合、

一人前の

サラリーマンにさせるため、

物凄く、

新卒者におカネをかけます。

要するに

新卒者というものは、
その組織にとって雇用してから、
最初の

一、

二年は、

おカネを生み出すような労働者ではないのです。

そのため、

新卒者で

四月入社の方は、

慎重に退職を考えたほうが良いです。

基本的に

会社側も
辞めない人間、
辞められない人間を雇っているので、

このような事案は少ないと思われます。

また、
あなたの
会社が

まともな会社で、

あなたの

上司が

まともな人なら、

あなたが

退職希望を
伝えた時点で、

必ず、

あなたを

引き留めるでしょう。

なんか、
面倒くさい話になりますが、
それは、
嘘偽りなく、
その上司が

あなたのことを

心配して引き留める場合もあります。

あなたの

上司は、

サラリーマンの先輩です。

本当に

心の中で、

あなたに

期待していたり、

あなたが

会社を辞めた後のことを

心配していたり、

その引き留めには、

いろんな理由があるのかもしれません。
特に
日本の
労働市場では、
会社を渡り歩く人は、

基本的に専門職以外、敬遠されます。

新卒で

辞めた人間なんか、

即、

OUTなのが実状です。

これは、

本当の話です。

そうです。

これは、

流動化していない労働市場や
日本の新卒者一括採用など、

すべて、

日本社会が悪いのです。
でも、

世の中、

そんなものなのです。
まあ、

とにかく、

新卒入社で

会社を即、辞めたい人は、

じっくり考えて、行動を起こしましょう。
でも、
一つだけ、

覚えておいてください!

会社という働く組織は、
労働以外の人間関係や日本の労働文化など、
いろんな、要素や側面で成り立っていることを・・・

また、

最後になりますが

あなたは、

退職を考える際に
しっかりとした退職後の計画や
資金の有無に関するシュミレーションが必要です。

これは、

新卒者の退職に関わらず、

退職希望者、

全員に言えることです。
ここで、

この

記事を

整理して終わりにします。

あなたが
退職を希望するなら、
この

問答集を

繰り返し読んでみてください!

【退職問答/初級編①~➉】

① 退職希望の

  堅い意志を持つ 

② 上司の顔を立てる

③ 会社の手続きを優先する

④ 繁忙期は避けて退職希望を伝える

➄ 会社の

  引き留めを

  拒否する鉄の意志を持つ

⑥ 退職や

  労働に関する法律を学ぶ

➆ 自分の人生に責任を持つ

⑧ 新卒者は、

  一歩、

  踏み止まり、

  退職を考える

➈ 退職後の

  計画を考える!

  そして、

  退職後の

  シュミレーションを行う!

➉ 日本の

  雇用慣習や

  労働市場の

  動向を

  しっかりと

  把握しておくこと!

さあ、

自分の人生を

思いっきり生きようではないか!