【転職宣言】自壊するサラリーマンvol.3-職場イジメから逃れるには?-東京占い無料幸運-

就職活動の悲劇-Tragedy in job hunting-
サラリーマン-東京占い無料幸運-

日本の

イジメ問題は、

深刻です。

人生で

一番、
楽しいはずの
十代の時をイジメが原因で自殺する

少年、少女が後を絶ちません。

それは、
子供だけではなく、

大人の社会も同じです。

いつでも、

いつの時代でも、

立場の弱く、
一般常識と
一般教養を持つ人は、

悪い人間のターゲットになり、

自殺に追い込まれます。

特に

大人の世界は、

おカネが支配する世界であり、

職場は、

生活所得を

得るために

働く場所です。

もし、
職場で
このような、

悪い人間と遭遇したら、

もう、
逃げ場は、

ありません。

そして、
あなたが
世帯主だったり、
家族を養っていたら、
多くの人は、

そこで、

倒れるまで働き、

そこで、

耐えるしかありません。

本当に

世の中、

厳しいものです。

その
原因を
社会に
求めれば
新卒一括採用、
不活発な転職市場、
終身雇用制度とありますが、

社会が

変わることに

期待してはいけません。

しかし、

パワハラ、

セクハラ、イジメ、

嫌がらせと我慢が出来ない時は、

何かの策を考えないといけないでしょう。

真面目で有能な

あなたが、
つまらない職場や悪い人間に
追い詰められる理由はないのです。
また、

会社を

辞めること、

会社から、

逃げ出すこと・・・

それは、

社会人としての責任を
放棄することでは、ありません。

日本国憲法にも

職業選択の自由という

勤労者の権利が明記されています。

もし、

あなたが

現在、
勤め先で
悪い人間に

イジメられているのなら、

まずは、

自分に

何ができるのか

考えてみましょう。

A-Curriculum-Vitae

A-Curriculum-Vitae

そして、
もし、
あなたが

若ければ、

第一に

転職を

考えてみましょう。

今の

あなたは、

その悪い人間が持つ考え方に

圧(お)されてしまい冷静な視点で
自分の能力を

客観的に

見ていません。
あなたは、

自分勝手に

こんなことを
思っているはずです。

「 人間関係で仕事を

  辞めるのはどうかと思う? 」

仕事って、
その

7割程度が

人間関係にかかっています。
だって、

一緒に働くのだから・・・

あなたは、

悪い人間、

意味もなく、

イジメてくる

人間と一緒に働けますか?

「 今の

  上司や

  人間関係は、

  良くないけど

  我慢すれば、

  いつか改善される 」!

あなたの願いは、
頻繁に人事異動を行う
大企業や公務員なら叶うかもしれません。

また、

大きな組織なら、

まともな人が必ずいるので、

あなたが
上の人間に

自分の不満を

訴える勇気があるのなら、

その関係から逃げられるかもしれません。

でも、

自分の人生を

運や

誰かの良心、

組織や集団の規則に委ねることは、

基本的に望ましい姿勢ではありません。

そこで、
やはり、
転職という

言葉が頭をよぎります。

そうです。

転職です。

嫌な奴と働くのなら、
良い奴と働ける職場に移動するのが一番の策です。

転職のメリットは、

悪い人と付き合わなくてすむ、
次に

給与、

人間関係に

恵まれた職場に移れる。

ということです。

もちろん、

凄まじい努力が必要です。

しかし、

できないことはないです。

次に

転職のデメリットを見ていきます。

それは、
やはり、
人間同士が
働く職場に付き物である

新しい人間関係を構築する

努力の必要を強くストレスに感じることです。
しかも、

次の職場では、

どんなに
キャリアがあっても

フレッシュマンです。

また、
新人イジメの

ターゲットになるかもしれません。

本当に

人生、

やってられないです。
でも、

あなたが

若ければチャンスはあります。
あなたが

中高年でも

その

人生経験で

修羅場を乗り切れる可能性もあります。
時には、

エイ!

と気合を入れて、

決断をすることも大切です。

人間、
誰もが、
真珠湾を攻撃した、

山本五十六なのです。

しかし、
この

不況です。

転職に挑むことは、
この
厳しい
雇用環境では、

多くの人は、

しり込みしてしまいます。

たとえ、
悪い人間関係や
職場でのトラブルがあっても、
自分さえ、
我慢していれば、

現金!

おカネに関する悩みはない!

でも、
あなたが

その

環境にいることで、

胃潰瘍になったり、

精神病になったり、

能力開発ができなかったら、

あなたは、

どうする?

さらに

あなたが

その
職場のせいで、

死んだり、

何かの障害を

背負ったらどうする?

覚悟を
決めれば、

そんな、

悪い会社や
悪い人間とは、
あなたの

意志次第!

一瞬にして、

縁を切ることができるのです。

退職は、
たった、

それだけのことなのです。

転職は、
全然、違いますが、
転職の前段階である退職は、

本当に簡単です。

最後に
あなたの

職場で

そいつの

悪事をバラして、

会社のため、自分のために
証拠を集めて、合法的にひと暴れしてもかまいません。
これが、

世直しというものなのです。

あなたは、
その
行為により、
自分の人生を生き抜く、

勇気を持つことになるでしょう。

これは、

男も女も、

性別に関係ありません。
でも、

大事なことは、

その次のステージにあるのです。

だから、

大切なことは、
あなたが
その日に備えて、

武器を持つことです。

あなたは、

武器を持ち、

武器を磨くのです。
そして、
次に
大切なことは、

自分自身の

社会的、
経済的ポジションを

知っておくことです。

あなたの

預金額は、

いくらですか?
あなたが

持つ職業資格はなんですか?

あなたの

得意分野はなんですか?

あなたの

体力は、

何カロリーの仕事ができますか?
あなたは、

肉体労働ができますか?

あなたは、

自由意志を行使できますか?

あなたの

家族は、

あなたに協力的ですか?
あなたに

頼れる人はいますか?

あなたは、
どれだけの期間を

無収入で暮らせますか?

あなたは、

自営業や副業で、

食べられる才能がありますか?
あなたの
資産は、

いくらありますか?

退職後、

転職活動中に

あなたは、

年下のクソガキや

パートのおばちゃんから指示されながら、
アルバイトやパート業務をこなす我慢ができますか?
日頃から、

これらの

転職必須項目を
毎日、

達磨太師のように

壁に向かって自問自答するのです。
そして、

行動するのです。

そして、

一日、

20分でも、

60分でもいいので、

自分の
時間を作って、

準備をするのです。

それらの

行動が

あなた自身に

不足している部分を

補う努力を促して、退職や転職を可能にするのです。
そして、

あなたに

才能、資金、
チャンスがあれば独立もできます。
そうです。

退職、

転職することによって、

そのために
必要な経験や能力を

得られるかもしれないのです。

これは、

夢ではないのです。

これは、

あなたが

現実に

デキルことなのです。

これは、
あなたの

決断が生み出す未來なのです。

とにかく、
あなたが
つまらない職場や人間関係で、
今を

苦しむ、

サラリーマンになりたくなければ、
今、
書いたことを

実践するだけで、

その

負の

エネルギーを
ぶつけてくる悪い人間とも戦えます。
そして、

あなたが

そいつに

退職勧告を

突き付けられるのです。
また、

退職前日には、

あなたを

イジメた

そいつを

栗林忠道、

陸軍大将の如く、

合法的に死地に追い込めます。

日本の
勤労者、労働者には、
自由に

仕事を選んで、

辞める権利があるのです。

あなたに

勇気と
権利と
武器があれば、

なんでもできます。

でも、

そのためには、

日頃からの準備が必要なのです。

サラリーマン?

Salaried man !
意味は、

俸給生活者?

それって、

イチロー選手?

イチロー選手もサラリーマン?
A-Flower-1

A-Flower-1

そして、

あなたも

サラリーマン?

そんな、

あなたは、

イチロー選手?

だから、

あなたは、

いつでも、
自分の職場選べる真のサラリーマンになれ!

あなたなら

デキル!

【転職太師/初級問答集①~⑭】

① 自分の能力を見極める

② 預金残高を確認する

③ 資格を取得する

④ 転職希望の業界研究を行う

⑤ 自分に投資する

  会社に隠れて休日などに

  職業講習を受ける

⑥ 無職になった時の

  シュレーションを行う

⑦ 職業に偏見を持たない

⑧ 漫画ではなく本を読む

⑨ 勇気を持つ

⑩ 頼れる人間関係を構築する

  あなたは家族を頼れますか?

⑪ 思い込まない、

  煮詰まらない!

⑫ 立つ鳥、

  跡を正す!

  最後は合法的に暴れる!

  すべてを

  スッキリさせる。

⑬ 労働=おカネと考えない!

⑭ 法律を学ぶ(雇用に関する)

さあ、
思う存分、
自分の人生を

生きようではないか!