【測量士補】測量士補に合格できそうな参考書の紹介-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
測量士補-テキスト-オーム社

さあ、
測量士補合格への

準備を始めましょう。

測量士補とは、

測量士を

目指す人の

登竜門となる国家資格です。

毎年、

5月中旬になると

日本中から

土木系の世界を

目指す工業高校生や

現役の土木系労働者が

この

試験に

挑みます。

測量士補の試験は、

大きく、

法令(法規)と

計算問題に分かれています。

法令(法規)に関しては、

暗記で対処することができます。
しかし、

計算問題は、

公式の暗記と解法、

そして、

高度な計算力が必要とされます。
まさか、

微分積分?

行列、線形代数・・・

そんなに難しい数学は出ませんが、

この試験では、

√計算、平方根、

三角関数などを用いた地図(図面)を読む、
基礎と

応用力が

問われます。
測量士補の試験に合格するためには、
大体、

中学二年生~高校二年生程度の

数学力が必要です。

毎年、

この

試験に

落ちる人は、

数学が

できない人と

決まっています。

そうです。

この

サイトを

覗いたあなたは、

この数学に足を引っ張られている人です。
しかし、

測量士補に出てくる数学は、

四則演算さえできれば、

誰にでも解けます。

そんな、
悩める

あなたに

おススメしたいのが、

この一冊です。

測量士補-テキスト-オーム社

その名は、

「 やさしく学ぶ

  測量士補試験

  合格テキスト 」

著者(編者)は、
長年、

工業高校で

教壇に立ってきた

浅野繁喜・近藤大地氏です。

この二人が
竹内一生、

松井幸司、松井享司氏の

文章をまとめています。

出版社は、

技術系の出版物に

定評があるオーム社です。

値段は、

妥当な価格で2,600円+税別です。

この

テキストの

1~7章には、

測量士補に

必要なことが
すべて、

網羅されています。

ページ数は、

300程度で

結構、

分厚いです。

索引も詳細で
充実しており、

逆引きもできます。

数学の基礎に関しても付録で

公式と簡単な解法が記載されています。

できる人なら

この

付録だけで

計算問題を

乗り越えられるでしょう。
そして、

数学が

苦手な人も

気合と

根性で
この

付録だけを

頼りに問題を

解いていくことができます。

やや、

本書に

収録されている

問題の

練習量は、

足りないと思いますが、

それは、

各自、

ネットや

過去問で対処してください。

この本の

大きな特徴は、

国家試験である測量士補を
国語、

英語、数学の

受験参考書のような、

ラフなスタイルで記述されていることです。

そして、
本書は、

その

中身を

昨今の試験傾向に合わせて

ポイント別にレクチャーしています。

測量士補試験に必要な基礎と応用は、

この

一冊で

大丈夫です。
しかし、

この一冊で

やさしく、

中学~高校初級レベルの

数学が学べるかといえば、

話は、

別です。

とにかく、

測量士補に

合格したければ、

簡単で薄い参考書でいいので、

中学レベル~高校初級レベルの

数学を押さえてから、この本で試験に挑みましょう。
それらの勉強は、

次の

目標となる

測量士の試験で

必ず役に立ちます。
とにかく、

試験まで、

何度もテキストを読み込みましょう。
そして、

問題を

たくさん解きましょう。

最後に一言、

数学は、

道具です。

あなたには、

その道具を使う能力がある。

この

資格を

GETして、

地球を測れる

BIGな人間になれ!