【結婚/作法】結婚式or披露宴は吉日に?/-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
結婚の作法-東京占い無料幸運-

結婚式、

結婚披露宴は、

いつ行なうべきか?

あなたは、

悩みます。

結納、

結婚式、

結婚披露宴と

一生に一度の

ハレの日は、

やはり、

縁起をかつぎたい!

日本には、

六曜(六輝)という考え方があり、

先勝(せんしょう)、

友引、

先負(せんぶ)、
仏滅、

大安、

赤口(しゃっこう)と

カレンダーの片隅に

呼ばれる中国由来の暦中があります。

この

六曜とは、

室町時代に

中国から伝わり、

江戸時代の後期から

一般人にも普及した、

一日の時刻と吉凶占いです。

結納、

結婚式、

結婚披露宴では、

大安(たいあん)の日が

一番、

尊ばれ、

次に

友引、

先勝が

選ばれます。

ちなみに

一番、

ダメな日は、

仏教の開祖、

釈迦が

滅(死んだ)した

仏滅ということになっています。

そして、

愛を

誓い合った二人は、

愛を

周囲に

祝ってもらう

記念日を

この

六曜で選びます。

しかし、

世の中は、

愛し合う二人のために
あるわけではありません。
「 私は絶対大安! 」、

「 オレは絶対友引! 」、

「 わたしは絶対先勝! 」、

に結婚式、

結婚披露宴をする!
とは、

言っても、

冠婚葬祭というものは、

当事者ではなく、

参列者の意向を酌むことが

一番、

大切なことだと思われます。

これらの

儀式で

一番、

大事なことは、

当事者の

自分勝手な

都合ではなく、

参列者の

都合に合わせて、

儀式を執り行うことです。
特に

世の中には、

いろんな人がいます。

サラリーマン、

農家、漁師、林家、

自営業、専業主婦(主夫)、

自由業、障害者、病人、貧しい学生・・・

そのため、

儀式の

主催者、

当事者は、

来賓客の都合を

第一にして、

式典を

行なわなくてはいけません。

だから、

別に

六曜に

こだわる必要はないのです。

式が

出来る日が

吉日なのです。

最後に

どうしても、

六曜にこだわるのなら、

大安、

友引、

先勝の日を選んで、

婚姻届を

出せばいいのです。