【野菜/保存法】おいしい野菜を食べる方法/-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
野菜の保存法-東京占い無料幸運-

野菜は、

身体に

良いです。

野菜は、

栄養が

豊富で

食物繊維、

ビタミン類が

たくさん入っています。
野菜を

食べると

生きる気力が湧いてきます。
そして、

健康に長生きできます。

また、

野菜は、

肉類とは違い、
消化の負担も少ないです。
今日は、

野菜の

おいしい、

保存法について、

考えてみたいと思います。
みなさんは、

野菜を

どのように

保管、

保存していますか?

「 蔵に入れる。 」!

「 野外で乾す 」!

「 氷室に入れる 」!

「 漬物にする 」!

「 酢漬けにする 」!

野菜の

保管、保存!

いろんな方法があります。
でも、

一番、

多い、

野菜の

保管、保存法は、

そのままにしておくか、

冷蔵庫に入れる人が多いと思います。
野菜の

保管、保存で

大事なことは、

野菜に含まれている

水分を蒸発させないことです。

野菜は、

呼吸をします。

呼吸をするということは、

野菜に

含まれる水分を

エネルギーにして、

二酸化炭素を

外部に

排出することです。

野菜は、

畑で収穫されてからも

植物なので生きているのです。
でも、

野菜は、

スーパーや市場に

出荷された段階で

鮮度が急速に落ちていきます。
ここで、

重要なことは、

野菜の

鮮度を

落とさないことが

野菜の

保管、保存で

一番、

大切なことだというわけです。
そのため、

野菜を

冷蔵庫で

保管、

保存する場合、
水分が抜けないように

新聞紙や

サラン・ラップで

くるくると包み、

鮮度の

低下を

抑える方法が
最良の手段だと思われます。

これで、

野菜の

乾燥と水分の

蒸発を防げます。

とにかく、

野菜の

保管、

保存で

大事なことは、

水分を蒸発させないことなのです。

そして、

なるべく、

採れたての野菜を食し、

冷蔵庫を賢く使いましょう。

これらを

まとめてみると①~⑥になります。

① 野菜は生きている

② 野菜は鮮度が大切

③ うまい野菜は、

  水分の含有量が高い!

④ 野菜の
  鮮度を守るには、
  新聞紙、
  サラン・ラップで包み、
  水分の蒸発を防ぐ

⑤ 野菜は

  鮮度が

  落ちないうちに早く食べる

⑥ 冷蔵庫を賢く使う
さあ、

①~⑥を

参考にして、

野菜を

おいしく、

食べましょう!