【年賀状/作法】出し忘れた年賀状は後出しでOK?/-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
年賀状の作法-東京占い無料幸運-

一年の

終わりに

日頃、

お世話になった人に

送る年賀状の風習も

郵政民営化以降、

昨今の

急速なIT化や

SNSの普及、さらに

不合理な風習を

嫌う世代の登場と
長引く、
経済不況で

廃れてきました。

しかし、

今日でも、

年賀状は、

多くの人に

支持された
社会慣習として残っています。

ですが、

年賀状を

元日に

受け取ってから、

来た人だけに

年賀状を

後出しする人も多いです。

これは、

非常に

無礼で

無作法だと

思われますが、

合理的な方法でもあります。

しかし、

「 新年明けまして

  おめでとうございます。 」!、

という文言は、

正月の

三箇日だからこそ、

意味があるのものです。

それ以降に

年賀状を貰っても・・・

しかし、

先方、

または、

自分が

年末に忙しく、

日本から遠い場所にいたり、

さらに
喪中欠礼であったり、

いろんな事情で年賀状が

出せなかった場合も考慮する必要があります。

そこで、

年賀状の

作法の一つに

後出しの年賀状ではなく、

寒中見舞いを

年賀状のかわりに

出すことをおススメします。

この寒中見舞いは、
小寒に入る一月六日の寒の入りから、
二月三、四日の節分までの時期を指します。

この時期に

後出ししようと思った

年賀状を

寒中見舞いという形で送ると
あなたの

その姿は、

寒中!

COOLな

日本人として、

カッコイイと

相手に思われそうです。
年賀状は、

自分の

近況を伝え、

大事に思う人間関係を

維持するために
自分の思いを書き、
一年に

一回だけ、

送ることができる

一枚のハガキです。

もし、

年賀状の

後出しを
考えている方は、

寒中見舞い、

という方法も選択肢にあります。