映画で話題のスティーブン・キングの「IT」を読む/-東京占い無料幸運-

コラム- Column-
「IT」/by Stephen King/文春文庫

今回、

「 東京 占い -無料幸運- 」が

紹介する本は、

米国を代表する

大御所モダン・ホラー作家である

スティーブン・キングが書いた

ジュブナイル・ホラーの傑作!

「 IT 」、

という小説です。

この「 IT 」は、

90年代に
一度、

ドラマ化されています。

日本では、

当時、

レンタルビデオ店にて、

「 スティーブン・キングの・・・ 」、

というタイトルでVHSが置かれていました。
多分、

都市部でも、

劇場上映は、

されていなかったと思います。

当時、

「 IT 」に

登場するピエロが
怖いと話題になりました。

そして、

このピエロは、

少年・少女だけを

惨殺した実在の猟奇殺人者を

モデルにしています。

この作品は、
基本的に

ホラーなのですが、

スティーブン・キングの代表作である
十代の少年、
少女向けの作品である

「 スタンド・バイミー 」、

のような世界観で描かれています。
あまりにもドラマ版で映像化された、

「  IT  」、

に出てくるピエロの
印象が強かったので、

原作は、

あまり読まれていないような気がします。

「IT」/by Stephen King/文春文庫

原作は、

1986年に発表されており、

日本では、
1994年に文春文庫から出版されています。

本ブログ掲載写真の

文庫本は、1998年に刷られたもので、

一冊、

大体、500ページ程度の
文庫が四巻となっています。

小尾美佐氏の

翻訳も良く、

すごく読みやすい小説です。

この小説は、

会話文が大半なので、

読書好きの方なら、

すぐに読めます。

また、
アメリカ中間所得層の白人文化を
知りたい人にも興味、深い一冊です。

基本的に

原作もドラマ版の

「  IT  」、

と中身は、
あまり変わりません。

2017年11月上旬に

日本で公開された劇場版、

「  IT  」、

に関しては、
時代設定のみ違っています。

また、

ピエロもスタイリッシュになっています。

ストーリーに関しては、

アメリカの
退屈で平凡な

田舎町で発生する

少年、少女の誘拐事件の背後に
「 IT 」と恐れられる謎の怪物に

いろんな、

背景を持つ7人の
少年、少女達が立ち向かう物語です。

これが第一部です。

第二部は、

大人になった

少年、少女たちが
田舎町に再集結して、
「 IT 」に最終決戦を挑みます。
そして、

彼等は、

「  IT 」の正体を目撃します。
彼等を

恐怖に

陥れた存在、

「  IT  」の正体は・・・

ちなみに

英語のITは、

ドイツ語のES(エス)と同義であり、

精神医学用語の

無意識という意味が本作の

タイトルに込められています。

そして、

この「  IT  」は、

ホラー作品だと誤解されていますが、

社会的に

無力だと思われている
少年、少女達が同じ感情を共有して、

さらに

力を合わせ、

大人が無視して、

近寄ろうとしない恐怖(悪)と戦う教養小説です。

多分、

日本だと、

子供は、

弱者となり、
いつも、

被害者として

扱われますが、

「  IT  」に登場する

米国の
少年、
少女達は、
友情を糧(かて)にして、

恐怖と

直接、

戦うことを選びます。

そして・・・

「  IT  」、

映画を見て、
原作を読むのも、

おススメです。

原作を
読んでから映画を見るのも、

おススメな小説です。

ちなみに「 IT 」と聞くと

90年代後期に

日本の株式市場を
沸かせたITバブルを思い出します。

当時、

IT革命を
推進した

森喜朗前首相が

ITに関する本を書店で探していたら、

スティーブン・キングの

「 IT 」を
手に取ったという逸話があります。
この話が本当かどうかはわかりませんが、

「  IT  」、

全四冊、
約3800ページ程度、
面白いので読んでみてください。

小説では、

旧日本軍のゼロ戦、

零式艦上戦闘機も登場します。