BLACK FLAGS THE RISE OF ISIS/「イスラム国台頭の軌跡」/Read the BOOK/-Tokyo Fortune Telling-東京占い無料幸運-

コラム- Column-
BLACK-FLAGS-THE-RISE-OF-ISIS

This

book is

extremely entertaining,
His book

shade some

light on the riddles of the ISIS,

The author sees

the international situation

in perspective.

This book is worth reading,
今回、

「 東京 占い-無料幸運- 」が

紹介する一冊は、
アメリカ人ジャーナリストが書いた

「 ブラック・フラッグス 」という、

中東情勢の
不安定要因となっている
謎、

多き、

イスラム過激派集団である
イスラム国(ISIS)に関する一冊です。
出版元は、

白水社(2300円+税)で

和訳は、
ノンフィクション専門の翻訳家、

伊藤真氏が

担当しています。
本書の構成は、

上・下巻、

二冊のハード・カバーとなっています。
原題は、

「 BLACK FLAGS

     THE RISE OF ISIS 」!

本国では、
2015年に出版されています。
著者(The Author)は、
ジョビー・ウォリック(by Joby Warrick,)という、

ジャーナリスト界の

ノーベル賞であるピュリッチァ-賞も
受賞した1960年生まれの若手ジャーナリストです。

ジョビー氏(Mr.Joby)は、

環境問題(An Environmental problem,)、
国際情勢(The international situation)に
精通(be well informed,)しており、
ワシントン・ポスト(From Washington post, )を

古巣にしています。

BLACK-FLAGS-THE-RISE-OF-ISIS

本書の中身は、

国際テロ集団、

アルカイダの首謀者である

ウサマ・ビンラディン(1957~2011)、

の忠臣を務めた中東ヨルダン出身の
目だけで人を動かす

テロリスト、

ザルカウィ氏を主人公に
イスラム国の軌跡について、
独自の

情報網から

得た資料の読み込みと

諜報機関関係者への

インタビューなどを基にして、

スパイ小説のような、

テンポの良い文章が冒頭から
終わりまで続く、読みやすい一冊です。

登場人物も多く、

30人以上のbig shot

物語を構成しています。

ビンラディンが首謀首謀した
米国における9・11同時多発テロ以降、

米国が

冷戦構造の中で作り上げた、
元・反共戦士の

イスラム過激派が

どのような経緯を辿り、

砂漠の荒野に

イスラム国(ISIS)を

生み出したのか?

この本で詳細に書かれています。

もし、

現在進行形の

イスラム国(ISIS)の

実情を

欧米人の目を

通して、

知りたいのなら、

この本を

強く、

おススメします。

上・下巻とも、

すぐに読めます。