【閲覧注意】おせち料理の真実!/おせちの季節に・・・/-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
おせち-東京占い無料幸運-

夏が

過ぎ、

秋が

近づき、

冬が

訪れると、

新聞、

ネット広告、

TV通販

新聞広告!
おせち料理の通販が活況になります。

みなさんは、

おせち料理の真実を

知っていますか?

ここで、
あなたは、

“おせち”に関する衝撃的な真実を知ることになります。

なんと、

おせち料理とは

1300年以上前の奈良時代に
中国から伝わった宮廷文化

あるということです。

当時の

朝廷では、

節会という場面で

“おせち”のような、

料理が振る舞われたようです。
そして、

この1300年前に

朝廷の貴族文化として定着した

“おせち”は、

その後、

庶民にも広がり、

正月、

年明けの

三が日の風習となりました。
ちなみ、

おせちとは、

非常に多様な文化です。

それから、

時代は、

明治、大正、昭和と

日本の急速な

近代化に伴い、

地域色が強く、

多様な

おせち文化も

大きく変容していきます。

おせち料理とは、

21世紀の現在では、

お重箱に入っていて、

JUST IN TIMEで宅配される

華やかな料理と思われていますが、

明治、

大正、昭和の

時代においては、

各家庭で

女性が苦労をして、

家族のために作っていました。

ちなみに、

当時は、

正月、

三が日と

どこも、

お店は、

閉まっています。

最低、

三日間は、

食料が購入できませんでした。

今は、

ネット通販、

コンビニ、イオンと

なんでもありの時代です。
しかし、

社会が便利になった

今日でも、

“おせち”という習俗は、

形態を

進化させて、

残っています。

しかし、

おせちを

自作する家庭は、

年々、

減少傾向に

あると思われます。

自作といっても、

パックに入った惣菜を

お重箱に入れるだけですが・・・

その理由として、
考えられることは、

少子高齢化、

不景気、低所得、貧困、

核家族化、孤食化など・・

おせちは、

多忙な

現代人の食生活を
あらわしてるのかもしれません。

しかし、

そんな、

現代人でも

デパート系、

ネット通販、

コンビニ、TV通販と
華やかな”おせち”を見ると

おせちに拘る気がない人でも、

年に一度、

強く食欲を

そそられるのかもしれません。
そこで、

これから、

最近の”おせち”に

ついて考えたいと思います。

なぜ、
最近の

“おせち”は、

人気があるのか?

それは、

やはり、

見栄えが良く、

味が良くなっているからです。
そして、

肝心なポイントは、

値段です。

おせちは、

価格帯の幅が大きく、

お手頃なものが多いです。

さらに

配送手段、

冷凍技術、

有名料理人や

高級料亭が監修した

“おせち”など、

また、
購入希望者の

和洋中と

好み、
嗜好に合わせた

“おせち”が

増えたことが考えられます。

さらに

高級食材を

用いた”おせち”も

登場しています。

ここで、

昨今の

“おせち”、

事情を整理すると、

①~⑧のような感じになります。

① 核家族化・少子高齢化・孤食化
② 好みと嗜好に合わせた”おせち”の登場
③ 冷凍技術の向上
④ 値段/価格帯の幅
⑤ オシャレ感・豊富なバリエーション
⑥ 料理するのが面倒くさい人の増加
⑦ 選べる”おせち”のサイズ
⑧ 宅急便の進化

う~!

“おせち”は、
PCのOSや

スマホのように

毎年、

進化を

遂げているような気がします。

進化する”おせち”は、

日本の

年越し文化として、

訪日外国人にも受けが良さそうです。

おせち is COOL!

しかし、

このような”おせち”の

外食化や普及は、

日本古来の

“おせち”文化が
廃れてきている証拠なのかもしれません。

意外ですが、

“おせち”とは、

地方、

地域によって、

お雑煮のように

その形態や食べ方が大きく違います。

現在のような、

お重箱に綺麗に

入って飾られた

“おせち”文化に

慣れた世代が

次世代と成るとき、

それら、

地方、

地域で

独自に進化、

愛された”おせち”が

絶滅していかないかと心配です。

食文化とは、

作る人、

食べる人がいて、

受け継がれていくものです。

“おせち”よ永久に・・・

みんさんも

是非、

一品でもいいので、

年に一度は、

行く年、

来る年を

祝う、

おせち料理

作ってみましょう。
“おせち”を食べる

あなたは美人だイケメンだ。

それは、お世辞(笑)