【経済学】イノベーションって何だ?/Innbvation/-東京占い無料幸運-

経営に必要な経済学を学ぶ- Learn Economics-
経済-東京占い無料幸運-

よく、
TVの討論番組や
政治家の演説などで
日本経済復活の話になると、

イノベーションという、

よくわからない言葉が登場します?
みなさんは、

イノベーション

という言葉の意味を

ご存知ですか?

イノベーションという言葉の意味は、
主に

経済学の

専門用語で

既存の商品に変わる

新しい商品やサービスを

開発するという意味があります。

これは、

何も、

商品や
サービスだけではなく、

モノの生産方法や

販売方法などにも応用される考え方です。

この

イノベーションという言葉を
生み出したのは、

欧州オーストリアが生んだ

アメリカの偉大な経済学者である
シュンペーター(Schumpeter,Joseph Alois),
が生み出した経済用語です。

Innovationの和訳は、

刷新、

革新、新機軸など、

何か、

古いものを

革(あらた)めるという語感があります。
新興国に押され、

没落気味ですが、

製造業大国である日本では、

主に

技術革新という狭い領域で
使われてきた考えたかです。

しかし、

時代は、
21世紀!

イノベーションという

考え方は、
不況にあえぐ日本にとって、

新商品の開発、

例えば、
羽のない扇風機、

サイクロン掃除機、

AI(人工知能)、

電気自動車など、

仮想通貨・・・
または、

それらが

必要される新市場の開拓、

次に

それらを
生み出すエコな資源や

労働者に

負担のない働き方など、

イノベーションは、

これからも、

いろんな場所と

多種多様な場面で、

応用していかないと

いけない重要な考え方です。

それは、

一国の

経済政策、

一企業の経営や
商品開発だけではなく、

あなたの

生活、

あなたの

人生にも、
必要になると思われます。