【英雄】世界の義賊列伝vol.1-ロビン・フッドの伝説-東京占い無料幸運-

コラム- Column-
世界史-東京占い無料幸運-

みなさんは、
伝説上の義賊、

ロビン・フッド(Robin Hood)を

ご存知ですか?

ロビン・フッド(Robin Hood)は、

混乱を極めた、
12世紀~13世紀の
暴力と
野蛮が
支配する
イギリスで
弱気を助け、
強気を挫いたとの
伝説が残っている謎多き人物です。
 

義賊とは、

義侠心を持った盗賊という意味です。
 

ロビン・フッド(Robin Hood)が

生きた、

当時の

イギリスは、

目に

余る不正と

不当な権力を

笠に着た暴力が蔓延り、
人々の日常は、

圧制に

苦しめられていました。

そんな、

腐った時代に

ロビン・フッド(Robin Hood)は、

リトル・ジョン、
タック僧侶のような、
知能、

反抗心、

決して砕けない心を持った、
12人の

豪傑たちと

シャーウッドの森を

根城にしながら、

不正な手段で
蓄財した金持ちや
信心を
強要する貪欲な
僧侶から盗みを働き、
その日の

暮らしに

困る貧しい人々に施しを与えました。
 
そして、

ロビン・フッド(Robin Hood)は、

当時、
イギリスに
大艦隊を率いて侵攻してきた、
大陸からの侵略者ノルマン人とも、
血まみれの激しい戦闘を繰り広げています。
 

ロビン・フッド(Robin Hood)の

動機は、
ただ一つ、
それは、
愛するイギリスに
侵攻してきた征服者に
対する反抗心からだといわれています。
 
現在でも

ロビン・フッド(Robin Hood)は、

イギリスを
代表する伝説上の英雄として、
文学作品、
民謡となり、
高らかにうたわれています。

さらに

今日では、
アニメ化、映画化もされて、
多くの人々に親しまれています。
 
そして、

伝説は、

生き続ける。
 
あなたの心の中で・・・