プログラムの惑星vol.3-プログラミング言語と愉快な仲間たち-東京占い無料幸運-

パソコンの研究-PC LIFE-
PC-LIFE-東京占い無料幸運-

あなたは、

知っていますか?

プログラミング言語には、

大きく、

三つの種類があることを
そうです。

プログラミング言語には、

コンパイラ型、
インタプリンタ型、
中間コード型の三種類があるのです。
この言語の

“型”の違いは、

大きく、
その違いを
知らなければ、
プログラムの世界へは、入場できません。
それでは、
これから、

詳しく、

これらの

言語の

違いを確認していきます。
まず、

TOPバッターの

コンパイラ言語について解説していきます。

コンパイラ言語とは、

プログラミング言語の帝王である
C言語に代表される言語に使用される
コンパイラというプログラムを使用した方式で
プログラムを

実行する”型”です。

これは、

人間が

記述しやすいプログラミング言語で
書かれたプログラムを

“コンパイル”と

呼ばれるコンピューターが
理解できる形式に変換して、
プログラムを

高速に

実行する方式です。
この方式の言語は、
C言語以外に
C++、NASAが認めたFortran、

メガ銀行が認めたCOBOL、

数学者が認めたPascalも同じです。
次に
紹介する

インタプリンタ言語とは、

コンピューターが逐次、
人間が記述したプログラムを
機械に変換しながら、実行していきます。
この方式の言語は、
天才たちが愛するLISP、
BASIC、
Perl、JavaScript、PHPなど、
Webで使用する言語に多いです。
インタプリンタ言語を使用すると
人間と
コンピューターが

対話をしているような

錯覚に陥り、楽しく、夜も眠れなくなります。

操作も簡単なので、

プログラミング初心者には、
おススメです。
しかし、
インタプリンタ言語は、

欠点が

一つだけあります。
それは、
プログラムの

実行速度、

処理速度が

コンパイラ言語より、

遅いのです。

しかし、

インタプリンタ言語は、

面白く、

楽しい言語です。

最後の
中間コード型言語とは、
基本的に
コンパイラ言語と方式は、変化しません。
これは、

私たちに

身近で

コンピューターを動かす

オペレーティングシステム(OS)と呼ばれる
Windows、Mac OS、などの違いを意識せずに
プログラムを実行させることを目的に作られた言語です。

それが中間コード型です。

この方式を
採用している

言語は、

Javaなどが有名です。

どの”型”にも

一長一短があるので、

“これだけ”が

一番というものは、ありません。
しかし、
プログラミング言語を
学びたいと思われている方は、
最初は、

C言語に

挑戦されることをおススメします。
C言語は、
プログラミング言語の
古典であり、最先端の言語です。
コンパイラは、
優等生なプログラムしか受けつけないので、

プログラミング初心者には、

プログラムの修正と実行から、
忍耐力と思考力を培うことができます。

他の言語を学ぶ上でも、

C言語から得られるものは、多いです。

C言語?

最初の難関は、
コンパイラの設定だけです。
それでも、

C言語に挑戦して、

教科書を放り投げてしまった人は、

お手軽で、

すぐに反応が返ってくる

インタプリンタ型言語に

挑戦してみることがいいかもしれません。

LISPなんかは、

ヤバイ世界を築いています。

これは、

ダウンロードするだけなので、

設定も簡単です。

それでも、

プログラミングに

高いハードルを感じる方は、

アメリカの

マサチューセッツ工科大学(MIT)の
メディアラボで
教育用プログラミング言語として、
開発されたScratchがおススメです。
これは、

NHKの

教育番組でも、
取り上げられており、

プログラミングの

入門の

入門用に

もってこいです。