プログラムの惑星vol.2-機械語からプログラミング言語の世界へ-東京占い無料幸運-

パソコンの研究-PC LIFE-
PC-LIFE-東京占い無料幸運-

コンピューターが理解できる機械語は、

0と1だけです。

この0と1の世界に
革命を起こしたのが、
人間が簡単に
記述できることを目指した、
プログラミング言語の登場です。

プログラミング言語とは、

コンピューターへの命令を
人間が

理解しやすく、

記述するために

作られた言語(記述法)です。

そして、
この世に生を受けたプログラミング言語の一号は、
機械語の0と1の組み合わせを英単語と記号に
置き換えたアセンブリ言語と呼ばれるものです。
この言語の登場により、
コンピューターを

動かすプログラムを

組むことが簡単になりました。
しかし、
あくまでも、

アセンブリ言語は、

0と1の機械語を英単語と記号に置き換えただけであり、
高度で複雑なプログラムを組むのには、力不足でした。
その後、

欧米の大学や研究機関で

数多くのプログラミング言語が開発され、
今日に至ります。
名前を

挙げれば、

科学技術計算に
特化したNASA系のFortran、
Pascal、Lisp、COBOL、BASIC、
C、C++、C#、JAVA、PHP、Ruby、
など、
いろんな使途と目的のために

プログラミング言語は、

日々、
開発、

改良されて、

世界中に普及していきます。

コンピューターが

登場した時に比べると

人間とコンピューターの距離は、

若干、

縮まっている印象を受けます。

しかし、
今日でも、

プログラミング言語は、

難しいという考えが根強く、

せっかく、

自宅にパソコンがあっても、
プログラミングに興味を持つ人は、少ないようです。
プログラミング言語が

難しいかといえば、

その答えは、

YESです。

プログラミング言語は、

非常に抽象的であり、

プログラミング言語を使いこなすには、

生来の才能、

実務経験、遊び心、

研究精神、集中力、常に学ぶ姿勢の

どれかが、

必要となります。

それと、
IT系の公的資格は、数多くあります。
それでも、

プログラミング能力に関しては、

マスターという言葉は、ないようです。
 
プログラミング言語は、

マスターできない?

 

プログラミング言語における、

“言語”という言葉は、語学における、
英語、中国語、ドイツ語、タミル語のようなものとは、

まったくの別物です。

あくまでも、
プログラミング言語における
“言語”という言葉は、

比喩として、

用いられているものであり、

人間が

会話に使う語学という意味での
言語という意味では、ありません。
そのため、
プログラミング言語を学びたい人は、
語学を学ぶような感覚で入門書に挑むので、
すぐに面白くなくなり、

挫折します。

オンラインで古本を探せば、
プログラミング言語に関する入門書が

ワンコイン+税で売られています。

それは、

本当に悲しい光景です。

でも、
あなたが持っている

パソコン、平凡なPCを

コンピューターに変えて、

あんなこと、

こんなことを

可能にできるプログラミング言語を学ぶことは、
あなたにとって、

大きなメリットがあり、

ホワイトカラーなら作業の効率化を可能にします。
そして、

プログラミング言語を

マスターしようと考えているのなら、

あなたの中に

眠っている特殊な

才能を開発、または、発見できる機会を

プログラミング言語は、与えてくれます。

何かメジャーな
プログラミング言語を

一つ学べば、

あなたの
命令に対して、

南極にいようが、

イランにいようが、

ザンビアにいようが、

サハ共和国にいようが、

コンピューターは、同じ動作をするでしょう。

そういう意味で、

プログラミング言語は、

現代の世界共通語だと言えます。

さあ、
あなたは、

何の言語を学びますか?

 

心の準備は、

できましたか?

 
コンピューターは、
あなたの命令とコードを待っています。