法学基礎研究/六法の世界vol.1-民法の魅力-東京占い無料幸運-

法律学の覚書-Studying Law-
法律学の覚書-東京占い無料幸運-

みなさんは、

“民法”を

ご存知ですか?

“民法”は、

私たちが、
日常生活(社会生活)を
円滑に行なうための法律であり、

主に

私たちの
財産と家族の関係を
明確に規律する法律です。

基本的に

法学において民法とは、

民法典のことを指します。

この民法典とは、

「民法」と題する法律であり、

その内容は、

総則、物権、

債権、親族、相続、

の五編から成り立っています。

“民法”は、

実質的に、
私たちの

日常生活全体を

規律する法のすべてが

“民法”に含まれています。

そのため、

“民法”を

教養として、
身につけておけば、

実社会で

遭遇する理不尽な
日常茶飯事のトラブルに対して、

“あなた”を

守る強力な武器となります。
ここで、

“民法”を

整理します。

『民法』/「人」と「人」とのトラブルと解決を規定した法律であり、私たちの日常生活で一番、身近な法律である。

そして、

この”民法”は、

総則、物権、

債権、親族、相続、

の五編を骨格にして、

成り立っています。

一番目の
“民法”の

総則とは、

民法全体に
適用される規則であり、

“民法”の

基本的な考え方です。
そして、
二番目の

物権とは、

所有権、
地上権、
永小作権、
質権、抵当権など

他人の行為を

媒介することなく、

物を支配して、

使用する権利です。
要するに所有物に関する権利です。
もっと簡単にいえば、

「人」が「物」に

対して持つ権利です。
三番目の

債権とは、

民法が定める財産権の一種であり、

Aさん(債権者)が

Bさん(債務者)に

対し何かを請求する権利のことを指します。
物件が

「人」が

「物」に

対する権利なら、

債権は、

「人」が「人」に対する行為請求権となります。
要するに債権とは、

「貸したカネ」を

返せという権利です。

話は、

それますが、
決して他人から、

“おカネ”を借りては、

いけません。
四番目の

親族(家族法/身分法)とは、

“民法”が
定めている血族、
配偶者、姻族などの
身分と権利関係に関する規則です。
五番目の

相続とは、

死亡した人の財産に関する権利義務の規則です。
遺産をめぐる骨肉の争いを
解決するための大事な法律です。
以上が
民法の概観(A SURVEY)です。
法律学における”民法”は、
とても、

奥が深く、

難解です。

“民法”に関する学説や判例は、
とても面白いものが多く、

“民法”を

学ぶことにより、

人間社会の本質に

触れることができます。
それでも、
民法を学んでいる人は、
法学部系の大学生を
筆頭に公務員試験、資格試験を
目指している人が多く、
高等教育を受けた、

一般人でも、

“民法に”関心を持つ人は、少ないです。
もし、
あなたが、

“民法”の簡単な考え方を

一つでも身につけておけば、
それは、

必ず、

あなたが、

今後、

遭遇する人生の
あらゆる局面で役に立つでしょう。

賃貸の契約、

婚約、結婚、離婚、相続、

親の介護、不動産の購入、売買・・・

そして、

“民法”に限らず、

法律学に基づいた視点を持てば、
善人と悪人を一瞬で峻別することができます。

なぜなら、

基本的に

法とは、

私たちの
社会における

一般常識や慣習化された

道徳感情に基づいているからです。

 
どうですか?

“民法”の

魅力は・・・
 
これからも、

「 東京 占い-無料幸運- 」は、

果敢に

法学の勉強を

続けていきます。