【法律家/行政書士】行政書士のススメ-下町の法律家を目指す!-東京占い無料幸運-

法律学の覚書-Studying Law-
法律学の覚書-東京占い無料幸運-

みなさんは、
行政書士という資格をご存知ですか?

行政書士?

そうです。

行政書士です。

行政書士は、
役所に
提出する書類を

商売として作成できます。

弁護士、
公認会計士、
不動産鑑定士、
司法書士、税理士、弁理士、
社労士の次くらいに使える立派な資格です。
しかも、
この資格は、

性別、学歴、年齢も不問です。

一昔前の司法試験のように、
多くの人に門戸を開いています。
中々、

難しい試験ですが、

地道に勉強すれば、

A-PUBLIC-NOTARY1

合格も難しくないといわれています。

年に一回、

毎年11月に日本中で試験が行なわれています。
行政書士の試験は、基本的に法律と各種法令に関する内容が問われる試験です。
そのため、
大学などで、
法学教育を受けていないと、
試験のアウトラインを掴むことが難しいです。
大学程度(法学専攻)の教育を受けている人は、

独学でも突破できそうです。

それ以外の人は、通信教育か予備校での勉強がおススメかもしれません。
独学の場合、

テキスト代も安く、

基本書、参考書、過去問題と
全部、揃えても一万円以内ですむと思います。
大学の法学部で勉強している学生なら、

一般教養が

終わる頃には、

受かりたい試験です。
それ以外の
普通の人、
働いている人は、
勉強時間の確保から、
基礎知識の養成時間まで考慮すれば、
やはり、

行政書士は、

難関資格になると思われます。
それでも、
他の法律系資格に
比べるとチャンスは、あります。
この資格さえあれば、
何かあった時の支えになります。
努力しだいで独立開業も可能です。
特に
語学が
出来る人は、

帰化申請など

TPPや日本の国際化にともなう、

労働移民の急増と

仕事が増える可能性があります。
それでも、
最近では、
行政書士不要論も出てきています。
しかし、
この資格に合格すれば、

自分の自信にもつながり、

新しい自分のイメージを掴めるかもしれません。
それと、
やはり国家資格を目指しながら、

法律の勉強ができるというのが、

いいことだと思います。
私たちの
社会を作るのは、

法律です。

法律を身につければ、
専業主婦(主夫)だろうが、

だろうが、

子供だろうが、
大学生だろうが、
失業中だろうが、
赤ちゃんだろうが、

就職活動中だろうが、

サラリーマンだろうが、

法律を身につければ、

怖いものなしの強い人間になれます。
法治国家では法律が最高の武器となります。
また、

自立、

独立自営や起業を

目指す方も行政書士があれば、
会社設立、法的実務の際には、
これらの知識がいろいろと役に立ちます。

法律は、

武器なのです。

行政書士の試験概要を見てみると、

基礎法学、

憲法、行政法、

民法、

商法、会社法、

一般知識、

情報通信・個人情報保護、

文章理解から、

単元別に試験問題が作成されています。

う~なんか難しい・・・

しかし、
大学で法学教育を受けたり、
公務員試験など受けたことがある人なら、
すんなり、頭に入ってくる内容だと思います。
ここで、
行政書士の試験を掘り下げていきます。

1.基礎法学

 法律(法学)の考え方や法令、
 裁判制度などについて最低限の知識を問います。

2.憲法

 日本国憲法で重要なポイントが試験に出ます。

3.行政法

 行政に関する法律や法令から試験が出ます。
 細々とした条文暗記が必要です。

4.民法

 私たちの生活に身近な民法から出題されます。
 難しいです。

5.商法&会社法

 商法と会社法から出題されます。
 これらは、ビジネス、会社に関する法律です。

6.一般知識

 高校レベルの政治経済、
 現代社会のような知識が問われます。
 日頃の勉強が肝心です。

7.情報通信・個人情報保護

 新しい法律である情報通信関連法、
   個人情報保護関連法から出題されます。

8.文章理解

 論理的な文章の読み方や解釈が問われます。
 要するに現代文の長文読解です。

どうですか?

みなさん1~7まで、
眺めてみると自信をなくしましたか?

まじめに取り組もうとしたら、

すごく時間がかかりそうです。

しかし、

A-PUBLIC-NOTARY2

そこは、

傾向と対策で、

乗り切るしかありません。
行政書士の試験自体、難しい学説や難解な理論に基づいた、司法試験のように一生懸命、受験者を落とすために作成された、イジメのような問題は、出てきません。
悪魔でも役所に提出する書類作成に必要な

基礎的な法学知識が

万遍に散りばめられている試験です。
そこで、
問われているのは、

基礎です。

それは、
正しい方法、
正しい勉強法で乗り切れます。
とにかく、行政書士試験で問われるのは、法律に関する基礎的な知識です。
これは、
歴史の年表暗記のように、
法学に関する基礎的知識を覚えていきます。
行政書士の

基本書一冊に

書かれている専門用語と考え方を繰り返し、繰り返し、マーキングして覚えます。通信教育や予備校を利用する場合、何度も法学の重要概念を

ノートに取りながら、

専門用語の考え方を覚えていきます。
これができれば、
行政書士試験合格まで、

あと半分です。

次に

過去問題に手を出します。

とにかく、
一日一問でも決まった時間に問題を解きます。

それを繰り返します。

問題がわからなければ、解答を見て、
基本書を何度も読みで考え方を確認します。

それを繰り返す・・・

それだけ!
そして試験日の前月、
二ヶ月前から、
予備校の模試やオリジナル問題を解いて、自分の弱点を克服していきます。
この時点で過去問から離れて、傾向と対策を中心に試験勉強をしていきます。
この試験、
二ヶ月~一ヶ月前が

一番重要です。

人間の記憶に関する

エビングハウス理論に拠れば、

忘れる前が一番、

覚えやすいらしいです。

とにかく、

毎日、

一夜漬けの気合で勉強を進めてください。
そして、

試験日に臨みましょう。

最近の行政書士試験は、

ホントに難しくて、

十人に一人も合格していないようです。
しかし、
他の法律系資格試験に
比べればチャンスは、あります。
一度、

コツコツ勉強して、

挑んでみましょう。

新しいあなたと出会えるかもしれません。
そして、

独学の場合は、

まずは、

基本書だけ購入して、

一週間、
一ヶ月と期間を定めて読んでください。
それから、
演習問題や過去問題を購入して、

着実に

一歩一歩、

合格した自分を

イメージしながら、

勉強していくのがいいと思います。

試験に関する詳しい情報は、

行政書士試験

を参考にしてください。
また、
行政書士の実務に関しては、

日本一貧乏な行政書士ブログ

このブログは、本当に面白い!
労働移民など日本の国際化の現状を教えてくれます。

日本一貧乏

憧れの士業!
その現実は…