【道具】うまいコーヒーの世界-自宅でおいしいイタリアンコーヒーを楽しむ-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
A-PERCOLATOR

いつも、

日経平均が3万円をこえていた、

バブル期の頃、

自宅でTVを見ていると、
イタリアの田舎町が紹介されていた。

その時、

TVの画面に、
やかん、ケトルの
ような容器からコーヒーをカップに入れて、
家族みんなで楽しく飲む光景が映されていた。
その時、

この道具が、

パーコレーターであることがわかった。
しかし、
そのTVで映された道具は、
西部劇やキャンパーが使うような代物ではなく、
とてもオシャレで、

カッコがよくて

キッチンで使用するパーコレーターでした。
このパーコレーターは、
ガスコンロ用に作られており、
アウトドアの直火で、
楽しむパーコレーターとは、

構造が違います。

イタリアの家庭では、
日本茶の急須のように、
どの家にも置いてあるようです。
どうしても、
その道具が欲しくなり、

当時、

いろんなデパート、
アウトドアショップを覘きにいって、
どうにか、
購入することができました。

A-PERCOLATOR

使用法は、

とても簡単です。

粗挽きの粉を「バスケット」にセットしておきます。
次にポットに水を入れて、

ガスコンロでお湯にします。

お湯が沸いたら、
粉の入った「バスケット」を装着して、

コーヒーを煮詰めていきます。

この煮詰める作業が抽出作業となり、

お好みでグツグツします。

あまり煮詰めるとコーヒーの成分が変わり、
酸度が高くなり、豆の香りも消えていきます。
そのため、
高い豆より、

安い豆のほうが、

味が活きるような気がします。
業務用スーパーで販売されている

ベトナム産、アジア産の豆を

使用すれば財布の節約にもなります。
日本人の八割以上がコーヒーといえば、

ドリップインだと思っていますが、

このパーコレーター式コーヒーは、
手軽で早く入れられ、

ガス火で熱く、

味わいが深くて強烈なコクのある

コーヒーが楽しめます。

この道具の値段は、

やや高いですが、

作りは、丈夫で、

大事に使えば一生ものです。

大きいサイズと一人用のサイズもあります。

インテリアとしても、

食器棚にあれば、
キッチンを輝かせてくれます。

東急ハンズ、

amazon.com、楽天市場なんかで

売られています。

世界のコーヒー文化、

道具、
一つで味が変わる。

ホントに奥が深いです。