【転職宣言】自壊するサラリーマンvol.2-リストラチャリングの目的-東京占い無料幸運-

就職活動の悲劇-Tragedy in job hunting-
サラリーマン-東京占い無料幸運-

みなさんは、
リストラという言葉を知っていますか?

リストラ!

そうです。
サラリーマンが聞くと、
血相を変える言葉です。
日本では、
90年代初頭のバブル経済崩壊後、
企業の首切りとして定着した言葉です。

リストラといえば首切り・・・

解雇!

しかし、
この言葉の本当の意味は、
サラリーマンの首切りだけでは、ありません。

リストラ!

Restructuringは、

再建(再構築)という意味が込められた言葉です。
本来のリストラとは、
世の中の変化に応じて企業の
事業内容を変えることを意味しています。
私たちの社会は、

常に変化しています。

経済成長期には、何もしなくても経営が成り立つ企
業も経済が安定期に入り、世の中が成熟してくる
と、設備の縮小、人員の削減というものが必要と
なってきます。
それでも、
多くの企業は、
生き残りをかけて、
新事業に手を出したり、
経営を多角化したりします。
しかし、
何をしても、

ダメな時は、ダメなのです。

そこで登場するのが、

リストラチャリング、リストラです。

リストラは、
世の中の変化に応じて、
企業内で有望な事業に投資するために
自社内の不採算部門を切り捨て、稼ぎ頭の
事業を再構築することが目的で行なわれます。
リストラが切り捨てるのは、

サラリーマン、従業員、

末端の労働者を含む、

『 おカネ 』を

稼げない部分なのです。

そして、

リストラとは、

外部環境が強いる企業革新なのです。企業がリス
トラを行なうというのは、ぬるま湯に浸かったカエル
と同じく、実際は、手遅れな場合が多いのです。
そして、
企業経営者に
とってリストラで
大事なことは、その方向性です。

何のためにリストラをするのか?

何を再構築するのか?

何を目指すのか?

企業提携、
グローバル化、
外国人労働者の受け入れ、
分社化、M&A、新規事業の立ち上げ・・・
企業は、
リストラをして、

何に対応するのか?

それが、

一番、

大事なことです。
そして、
大中小と会社の規模に関わらず、

サラリーマンは、

常に危機意識を持たないといけません。
そして、

自分の首が

切られることについて、
日々、

サラリーマンは、

考えておかないといけません。
企業社会において行なわれている解雇、

首!

というもは、
日常なのです。

努力すればよい!

同僚を蹴落とせばよい!

売り上げさえあればよい!

上司の機嫌さえとればよい!

自分だけは、
大丈夫なんて思っていては、いけません。

リストラ、

経営合理化、

企業が生き残りを考えることは、

あなたが死ぬこと、

あなたが路頭に迷うことなのです。

決して、

あなたは、

プロのサラリーマンになっては、いけません。
そして、プロの労働者になってもいけません。