起業家読本vol.1/-たった3台の中古自販機から年商30億円起業に!-東京占い無料幸運-

起業家読本-The way to entrepreneurs-
A-VENDING-MACHINE

今回、

「 東京占い-無料幸運- 」が

紹介する一冊は、たった3台の中古自販機から年
商30億円企業に成長させた起業家、実業家です。
著者は社長の松岡祥一氏が書く、

タイトルは、

そのままで、

『 たった3台の中古自販機から年

商30億円企業に! 』/(ISBN-

13:978-4772660884/合同フォ

レスト/本体1400+税)です。

この本は、
松岡氏の職人気質で元放浪者の変わった経歴か
ら、起業の動機、人間観察、金銭、成功哲学、失
恋、生き方など、文章は、軽快で字も大きく、とて
も、読みやすい一冊です。
松岡氏の略歴を掲載すれば、株式会社サンエイ代表取締役。1974年、大阪府羽曳野市生まれ。中学卒業後、鉄筋工、鳶、板前見習い、漁師、トラック運転手、線路工事などの職を転々とし、23歳のときに知人の勧めで自動販売機で飲料の販売を始める。その後25歳のときに、飲料販売を営む「スーパードリンク」を興す。激安自販機、飲料の卸売事業を展開しながら、売り上げを30億円にまで伸ばす。
と書かれています。多分、著者の松岡氏は、苦労
人であり、その事業内容も時代にマッチしたもので
成功したのでしょう。100円ジュース、白い中古自
販機ビジネスと長期経済不況、デフレ時代に船出
を考える起業家に勇気を与える一冊です。

A-VENDING-MACHINE

この本では、松岡氏の起業論と成功論が中心で、
事業のテクニックなど実務的な話は、詳しく書かれ
ていません。
ここで少し、『たった3台の中古自販機から年商30
億円企業に!』の中身を覘いて見ます。

第1章/ 「 たった3台の自動販売機からスタートさせた-夢を持つことの重要性- 」

第2章/ 「 3倍働いて2倍遊べ-夢を叶える仕事術- 」

第3章/ 「 100円玉を100倍に増やせる人-成功する思考法- 」

第4章/ 「 応援される人、されない人は3秒でわかる-夢に近づく人間力- 」

第5章/ 「 幸せ自由人になる方法-自分を成長させる方法- 」

まあ、
内容は、
こんな感です。

ページ数は、

188ページと普通の本です。
パッパとすぐに読めます。
経営学の話ではないので、
専門用語も飛び出さず中身は、難しくないです。
今、流行の意識高い系の話が多いかと思えば、
冒頭からボソリと

「 楽して儲けたかったから・・・ 」と

本音も漏れます。
斉藤一人氏の本などが好きな人は、

どストライクでしょう。

 特に読んでいて印象に残った節は、第4章第1節
の「自分の人生の主人公になろう」という箇所で
す。その節で、松岡氏は、自分の人生を人任せに
しては、自分が仕事を生み、自分が自分のために
働く、それが起業の醍醐味だと、優しく説きます。
松岡氏が事業に
挑む基本姿勢と成功哲学は、人(お客さん・従業
員)を大切にすること、そして、お客さんが自販機
に入れてくれる100円を大事にすること・・・

たったのそれだけ!

らしいです。
もし、
起業を考えている人は、
是非、この本を手に取って読んでみてください。
一見、
起業の話だけかなと思うのですが、松岡氏は、懸
命に自由を求めているのです。
その足掻いた結果が年商30億円なのです。
松岡氏が

求める自由とは、

多くの起業家が夢見る自由です。
その自由とは、

日々の戦いであり、

この厳しい資本主義社会で
勝ち残ったものしか得られない自由なのです。
大事にすべきは、

人です。

運です。

そして、

『 おカネ 』です。

最後に
それらを

でっかく包む、

自分の夢と行動です。