【経営学】勝つ経営vol.2-経営は会計がすべて-東京占い無料幸運-

経営学の勉強-Studying business administration-
経営の世界-東京占い無料幸運-

経営者にとって、

ヒト、

モノ、カネ以外の

経営資源
一番、
重要なものは、

なんでしょうか?

それは、
門外不出、
内部関係者以外、

知りえない数字を

記した会計情報だと思われます。

起業家、

企業家、

経営者、

管理者、

と企業経営を行なう人間は、
その
経歴は、
多種多様な
人ばかりです。
それは、
起業家、
経営者の数だけあります。
元サラリーマン、

元セールスマン、

元研究者、

元エンジニア、

元フリーター、

元職人、

元士業、
元前科者など、
しかし、
これらの
人が
全員、
数字に
強い人かといえば、
決して、
そういうわけでは、
ありません。
医者は、
入試問題の微分積分は、
解けますが、

簿記

出来る人は、
少ないです。
エンジニアは、
線形代数、
解析学が得意かもしれません。
しかし、
医者と同じく、
簿記
得意な人は、
少ないと思われます。

企業経営とは、

何か?

意外ですが、

その

答えは、

数字にあります。

企業経営とは、

すべて、

数字なのです。

そのため、
経営者は、
自社に関する『おカネ』の

動きを100%、

把握していないといけません。
そして、
企業経営における意思決定も
すべて
数字で
行なわなくては、
いけません。
そこで、
重要になるのが、

会計情報です。

この
会計情報は、
自営業、
零細中小から大企業まで、
大方、
『~奉行』や『~クラウド』、
ソフトが
一本あれば、
どうにかなるものです。
人を
雇っているのなら、
信頼できる財務、経理担当者に
日々、
リアルタイムで
熱々の会計情報の作成してもらい、
経営者には、それを読み込む能力が求められます。

企業経営とは、

毎日が戦いです。

自社を
取り巻く、
市場環境は、
昨日と今日で
同じということは、ありません。
小さな
商店ですら、
外国為替の変動、
原油価格、
各種規制緩和、
天候と
ありとあらゆる
要素が絡み合い変化する
外部環境の中で
ビジネスを行なっているのです。
そのような
目まぐるしく
変化する
外部環境又は、
企業における内部環境の変化は、
そのすべてが会計情報に織り込まれているのです。
これらの
会計情報とは、
自動車における
各種メーター類と同じです。
悪路を走れば、
ガソリン、
軽油のメーターの振れは、
激しくなります。
エンジンギアを変えれば、
燃費が良くなったり、
悪くなったりします。
経営者は、
これらを
常に
気にしながら、
道なき
未知という
見えない道路を進む、
ドライバーと同じなのです。
特に
大企業は、
株主や第三者の
監査が厳しいです。
しかし、
会計に対する
理解がない人でも、
経営TOPになることがります。
しかし、
そんな、
企業のTOPがいても、
会社の
財布を
つかさどる
財務、
経理担当者が
しっかりしているので問題が表面化しません。
しかし、
これが
中小・零細企業になると、
その
すべてが
乱雑であり、
経営者から
財務、経理担当者まで、
その
会計情報の
価値がわからない人が多くなります。
中小・零細企業の場合、
経営者から
従業員まで、
みなが忙しいので、
そこまで、
手が回らないという理由も考えられます。
そのような状態でも
会社が
回ればいいと思っているのなら、
それでもかまいません。
しかし、
事業を
大きくしたいと、
経営者が考えているのなら、
将来の
融資を見据えて、
地方銀行レベルの支店長を
納得させられるような嘘のない
会計情報の記録が必要になります。
自営業、
中小・零細企業の
経営者の多くは、
税務対策ばかりに目を向けて、
これら作業を疎かにする人が多すぎます。
経営者の中には、
すべてを
税理士(コンサルタント)に
委託しているから大丈夫だという人もいますが、
これらの
会計記録は、

自社で行い、

経営者が理解していることが、

重要なのです。
これが
出来ない人は、
三流を
通り越して、
五流の経営者、
そして、
会社といえるでしょう。
だから、
会計に疎い
大企業の経営者も
株主、第三者機関、国税庁と
自社の価値を数字で判断してくる人たちに向けて、
彼らを
納得させられる
数字を出すことを常に意識して、
経営を行なわなくては、いけません。
この
会計情報は、
何も難しい話ではありません。
自社に
入ってくる
「おカネ」と
自社から出て行く
「おカネ」だけの話です。
その
基本は、

六歳児でもわかります。

しかし、

そこは、

大人の世界です。

自社に
入ってきた
「おカネ」が
どこで使われ、
どこに消えて、
それらの経費が、
どれだけ、
売り上げに貢献したのか、
そして、
自社から出て行くのか、
その
『おカネ』の
流れをリアルタイムで把握すること、
その自社だけの極秘情報を経営に活かす。
そのための
社内システムを独自に構築する経営者は、
それを作らせ、
それらを読み込み、
時流に合った経営判断を
逐次、行なわなくてはいけません。
それは、

自営業者も起業家も同じです。

会計情報には、
自社を取り巻く、

外部環境、

内部環境、

経営資源

質から

従業員の誤魔化しまで、

すべてが
織り込まれています。
最後に
おカネに
細かいのと、
会計に
通じるということは、

まったく別のものです。