【サラダ】サラダ記念日-7月6日はサラダの日-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
サラダ記念日-東京占い無料幸運-

みなさんは、
最近、
野菜が足りていますか?
毎年、

7月6日は、

『  サラダ記念日  』です。

7月6日が、
『サラダ記念日』といっても、
サラダを食べる日では、ないのです。

この『 サラダ記念日 』とは、

「『この味がいいね』と君が言ったから七月六日は
サラダ記念日」で有名な歌人・俵万智さんのヒット
歌集のタイトルです。
1987年に
発表、
大ヒットを記録した

『 サラダ記念日 』は、

今では、
多くの人に
忘れ去られています。
しかし、
バブル景気前夜の
当時、
歌集、
短歌の世界では、
考えられないような大成功を

おさめたヒット歌集です。

本当の
タイトルは、
サラダではなく、
鶏のからあげをテーマにしていたようです。

7月6日!

そこで、
今日は、
身体に良いとされる料理サラダ(Salad,)について、
詳しく見ていきたいと思います。

サラダとは、

日本では、
生野菜だけを食べるものだと思われていますが、
実際は、野菜をソースであえたものをサラダと言わ
れています。このサラダには、野菜以外に鶏肉、魚
介類なども混ぜて、冷たいものから、暖かいものま
で、そのバリエーションは、豊富です。
その歴史をたどると、サラダの語源が、ラテン語の
サル(塩)に由来があるという説と中世フランスにお
けるサラドという器に由来がある説の二つの説があ
り、この二つにサラダという言葉の起源があるようで
す。
とにかく、
近代サラダ文化の

起源は、

ヨーロッパ、

フランスで間違いないでしょう。

当時も今も野菜に多く含まれている抗酸化作用、
免疫力アップ、疲労回復有名なビタミンC、ミネラ
ル、ビタミンK、ニンジンに多いベータカロチン、カ
ルシウム、塩分の排出を促すカリウムなどを効率よく
摂取するために考案された料理です。

Maybe?

特に野菜に多く、
含まれる食物繊維は、
胃腸の調子を整え、便秘の改善に役立ちます。

食物繊維は、

体調改善に必要な最強のアイテムです。
しかし、
生野菜が身体に良いのかといえば議論があり、
生野菜の
栄養は、

吸収されにくいのが、

基本的な栄養学の考え方です。
そこで、
登場するのが、

ドレッシング(Dressing,)です。

ドレッシングに含まれる酸や油と共に摂取すると野
菜に含まれる栄養吸収を助けるといわれています。

特にサラダは、

ドレッシングとなるソースの数だけ、野菜を活かす味
があり、生野菜ということもあり、盛り付けをすると見
栄えが良いです。

サラダボウルも

オシャレなものが多いです。

食卓が輝く!

それが、

サラダの効能です。

日本の食文化では、

蟯虫

ギョウチュウなどの心配があるため、
昔から、
生野菜を
ボリボリ食べる習慣は、ありません。
昨今の食卓でサラダ料理を可能にしたのは、農薬
などの使用による近代農法のおかげなのです。
それが良いのかは、疑問ですが・・・
食の

欧米化!

日本人にとって、

サラダという、

食文化は、
新しいものなのです。
日本で
始めて、
サラダを食べたのは、
明治の文豪、

夏目漱石という説もあります。

とにかく、

野菜は、

身体に良い!
サラダが
苦手な人は、
生の野菜ではなく、

お浸し等の

加熱した野菜を
調理、料理したらいいと思います。

それ以外では、

豆腐、

ひじき、

油揚げ

こんにゃく、

すりゴマなどを

ぶち込んだ、

和え物などが、

いいのかもしれません。

野菜は、
和食のほうが、
おいしい食べ方がたくさんあります。
そして、
大事なことは、
自分で野菜を買い、
自分の下に合うオリジナル、
ドレッシングを作り、調理をして食べることです。

とっぴんぐも、

鶏肉、ハム、ベーコン、ホタテ、タコ、
冷凍ものでもいいので、
たくさんサラダボウルにぶち込む!
とにかく、

自分でオリジナルサラダを作る。

低糖質ダイエットを実践するのなら、

サラダを

主食、主菜にしてもいいと思います。
しかし、
コンビニ、
スーパーの袋入りの生野菜では、ダメです。
最近のコンビニでは、
デパ地下並みにおいしそうなのもありますが・・・
とにかく、

食卓に野菜を!

7月4日は、合衆国独立記念日!

7月6日は、『 サラダ記念日 』!

7月7日は、七夕!

7月6日は、

みんなで野菜を食べよう!