勝つ投資vol.4-株式投資向きの性格-東京占い無料幸運-

株の格言-The Stock Market-
投資-東京占い無料幸運-

株式投資に
限らず投資という行為は、
頭を使う頭脳労働を伴います。
そして、

『 おカネ 』を

動かす余裕が求められます。
株式投資において大事なことは、

第一に、 資金です。

     『 おカネ 』の余裕が必要です。

第二に、 情報です。

     マーケットと株価は、情報です。

第三に、 

を持たないことです。

以上の
三つを押さえた上で、
株式投資に向く性格に
ついて見ていきたいと思います。

『 おカネ 』に執着しない人

株式投資において、
数十万、数百万と『おカネ』を動かすことは、
一般人の金銭感覚とは、
大きく違います。
一円でも十円でも、
『おカネ』に執着がある人は、
相場の世界には、

不向きです。

相場に
投入する資金を
捨て銭(ステゼニ)だと
思えるくらいの余裕がない人は、
株の世界に足を踏み入れてはいけません。

過去しかない人/損切りができない人

株式の売買は、
一瞬です。
あの日、
あの時というものは、

一切ない世界です。

投資で
大損して、
悔やむような性格の人は、
株の世界に足を踏み入れては、いけません。

即決力と決断力がない人

株の売買において必要とされるのは、

即決力、決断力です。

相場が
下げている
状況で損切りが出来ない人は、
その時点でマーケットからの退場を宣告されます。

相場の世界は、

数百万、数千万、数億、数兆円の『おカネ』を奪い合う戦場です。

相場は、

毎日が
ミッドウェー海戦の世界なのです。

爆弾ですか?

魚雷ですか?

と悩んでいるようでは、ダメなのです。

相場は、

その、
すべてが
一瞬の決断に懸かっているのです。

『平等』という観念を強く持つ人

相場の世界は、

競争の世界です。

誰もが
一緒、
みんなが
一緒という
悪平等の観念を強く持つ人は、
決して足を踏み入れてはいけません。
株が安い時に買い。
株が高い時に売る。
誰もが
同じことをしているので、
周りと一緒という考えが強い人は、
短期投資(投機)において、
利益を出すことは、困難です。

勉強が嫌いな人

相場を
生き抜くには、
日々の勉強と情報収集が必要です。
マーケットを
すべて
カバーするような
情報収集や
金融理論の勉強は、
不可能ですが、自分の専門分野を持ち、
オリジナルな投資手法を確立することが、
相場の世界を
生き抜く極意です。
勉強をしないと周りに流されます。
ネットや
雑誌の怪しい
情報を鵜呑みにし、
相場が混乱した際に、
正しい判断が
出来ずに手元の資金を
ゼロにすることになります。
とにかく、

株式投資

投資は、
すべて勉強だと思ってください。
投資を始める際には、簡単な本でよいので、自分の頭に合った書籍を数冊用意して、勉強してください。この勉強は、私たちが学校でやらされた試験勉強や受験勉強とは、大きく違います。自分の可能性を信じ、頭を柔らくして、未知の世界への探究心に溢れた勉強です。教育機関や受験で強いられた知能を低下させるような勉強では、ありません。

欲に負ける人

相場の世界には、
現物の『おカネ』が投入されます。
そのため、
人間性がさもしく、

心が狭く、卑しく、

投資をギャンブルだと思っている人間は、
決して、この世界に足を踏み入れてはいけません。
そのような人間には、
最後、

破滅が待っているだけです。

相場の女神は、
心と財布に余裕があり、
手先が器用で、冒険心を持ち、
勉強熱心な人にしか微笑みません。
投資で成功するのは、

古今東西、金持ちだけです。

しかし、
一般人でも
自分の欲と向き合い、
投資の勉強と
テクニックを身につければ、
相場の世界で利益を出すことは、
可能です。

株式投資を

始めたいと思いながらも
自分の性格に不安を持っている人は、
株以外の投資信託や金積み立てなど、
いろんな
投資法を
調べてみて、

長期投資を

前提に
小額から
スタートするのがおススメです。