【マネー/老後を生きる】金活宣言vol.2-おカネ以外に資産はありますか?-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
人生とおカネ-東京占い無料幸運-

意外かもしれませんが、
人間の幸福に

『 おカネ 』は、

そんなに必要ありません。
しかし、
私たちの周りを見渡せば、
世の中、

カネ、カネ、カネの

連年、
連日、連夜、
みんながカネ、

カネと叫んでいます。

教育もカネ、
福祉家もカネ、子供もカネ、
専業主婦もカネ、労働もカネ、
愛もカネ、友情もカネ、学校もカネ、
官僚もカネ、SEXもカネ、試験勉強もカネ・・・
みなが
カネ、カネの

生きづらい世の中です。

そして、
世の中の
多くの人は、

『 おカネ 』を

得るための正当な努力をせずに、
日々、
カネ、
カネ、カネと、

小さな世界で、

足の引っ張りあいに精を出しています。
そういう人間は、
どこの職場にもいます。

どこの学校にもいます。

もちろん家庭にもいます。
それが、
イジメだったり、
セクハラ、パワハラだったりするのです。
他人の労働を盗む人もいます。

犯罪に手を出す人もいます。

補助金や税金に手を出す人もいます。
それらを
公的な組織から、
私的な組織まで公然と行なっています。
そして、
多くの人は、
資産家や社会的成功者に嫉妬します。
芸のある人、
能のある人を叩きます。
最後には、
意味もなく、妬みます。
現在のような、
深刻な不況が長引けば、
誰もが、少ないパイを奪い合います。
そのパイの奪い合い方が、
卑劣、卑怯、不公正だから、

社会問題となるのです。

確かに、

失業の恐怖や転職の難しさ、

『 おカネ 』!、

を得ることの苦しみは、わかります。

だから『おカネ』にしがみつく・・・

しかし、
世の中、

『 おカネ 』、

だけでは、ありません。
世の中、

『 おカネ 』、

より価値のあるものは、たくさんあります。

命、

健康、

これだけは、

『 おカネ 』だけでは、

買えません。
100兆円を持っている余命三ヶ月の大富豪も100
兆円で命と健康が買えるのなら、誰もが、その大金
を手放すでしょう。
そして、

『おカネ』だけが

成功、失敗の尺度でもありません。
『おカネ』がなくとも
社会的な名声や成功を得ることもあります。
また、
社会的な成功や名声がなくとも

『おカネ』だけを得る人もいます。

あなたが真の幸福や真の成功を得たいと思うのなら、『おカネ』が支配する一般社会とは、違う自分だけの『おカネ』に負けない価値観を強く持たないといけません。
それが、

個人主義というものです。

人間、

『 おカネ 』だけでは、

決して、

幸福には、

なれません。
しかし、

『 おカネ 』は、

幸福を
サポートする強い武器には、なります。
でも、

『 おカネ 』で幸福には、

なれません。

たとえ、普通の貧乏人が使いきれない『おカネ』を持っていたとしても、愛する家族や自分を愛してくれる家族がいなければ、やはり、人間、寂しいものです。
最近は、

その

愛する

家族も怪しい世の中ですが・・・

そして、
多くの一般人は、
自分の
労働力から、
得られる『おカネ』に
見切りをつけずに、

日々、

カネ、カネと

奔走しています。
しかし、
あなたの
労働者としての値段や
生涯賃金などの結果は、もう出ているのです。
あなたは、
それ以上、

値がつかないのです。

そして、
誰もが、

カネ、

カネ、カネと、

実態のない資産を生涯に渡り追いかけます。

小銭のために、

ひどいことをする人も

たくさんいます。

しかし、
中高年以降、
老後は、その程度の小銭だけでは、生きていけません。二千万、三千万、その程度では、あなたが病んだとき、障碍者、認知症、老人になったとき、一瞬で消えていくでしょう。
その時、
あなたは、

一人だったらどうしますか?

日本の福祉屋のための社会福祉や介護サービスは、誰の面倒もみません。
これ!

本当なのです。

その時、
あなたは、

預金通帳と安い年金、

あるいは、

預金残高ゼロの通帳または、

無年金・・・

そして、

一人だけで、

生きていく、

過酷な世界が待っています。

大事なことは、

『 おカネ 』だけでは、

ないのです。
『 おカネ 』以外に命や健康を維持する努力や『 おカネ 』を必要としない、または、減らない資産を持つことや、人生で、そのようなライフスタイルや人間関係を築くことが大切なのです。
世の中、

『 おカネ 』!、

だけです。
しかし、

騙されては、

いけません。
世の中、
人間が生きていくうえで、

『 おカネ 』以外に

たくさんのモノや人間の信頼が必要なのです。

『 おカネ 』は、

その中で必要なモノのひとつでしか過ぎません。
そして、
どんなに苦しくても、

たかが『 おカネ 』、

金銭苦のために死んでは、いけません。

『 おカネ 』だけの問題なら、

生活習慣の改善、
日々の勉強、

田舎生活、

プチ自給自足、
脳内価値観の転換で乗り切れます。

この厳しい世界で

生き残るためにも、
真剣に金活を考えていきましょう。
とにかく、
生きましょう。