進撃の経営vol.7-ライフサイクル-東京占い無料幸運-

進撃の経営- Management of advance-
進撃の経営-東京占い無料幸運-

みなさんは、
ライフサイクルという経営学の言葉をご存知ですか?

ライフサイクル(Life Cycle,)とは、

ビジネス用語で
プロダクト・ライフサイクルまたは、
プロダクト・サイクルの意味として、
使用されています。
この言葉の

意味は、

企業が

市場に

投入する商品の

導入、普及、減退、

までの過程を意味します。
本来の
意味は、
生物学の専門用語で人間や生物の生命や細胞など
の循環現象を指す言葉でした。
ライフサイクルは、生物学だけではなく、老人医療、
経営学といろんな分野で使われている考え方です。

ライフサイクルは、

いろんな分野に応用できる。
また、

ライフサイクルとは、

人間や
企業の

栄枯盛衰を

表現した言葉でもあります。
起業を考える上でも、
企業を経営する上でも、
自社が

市場に

投入する商品のライフサイクルを考えることは、
経営戦略(事業or市場戦略)において
極めて重要です。

このライフサイクルは、

大きく四段階に分けることができます。

第一が生成期、

第二が成長期、

第三が成熟期、

第四が衰退期です。

第一の生成期とは、

他社との競争もなく、

取引先もない。

そして、
商品そのものが一般に
認知されていないので消費者がいない段階です。
そのため、

企業は、

この段階で自社の商品の認知と
流通を第一に考えないといけません。
第二の成長期とは、
商品の一般的な認知も広がり、
他社との競争も始まった段階です。
すでに競争市場に突入しているため、
自社の商品を
他社と差別化していかないといけない段階に入っています。
重要なことは、
他社と同じ商品でも消費者の好みに答えることにより、

差別化戦略と

他社にはない特色のある広告戦略が大きな役割を果たします。
企業にとってライフサイクルの成長期を
伸ばす努力が安定した収益を生み出すためには、

絶対に不可欠です。

第三の成熟期とは、
消費者の要求や他社との競争に翳りが見えてきた段階です。
企業同士の競争は、
激化しています。
しかし、

消費者の数は、

頭打ちであり市場に伸びは、

ありません。

このような状況下では、

企業の事業規模や

経営資源の差が大きく出始めます。
TOPの企業は、
シェアを確保しながら、
余裕を持って事業を展開できますが、
二番手、
三番手の企業になると、
そのような余裕を持って市場に挑むことは、
不可能です。

そのため、

自社の得意分野に

経営資源を集中して、

他社との差別化を図っていきます。
例を挙げれば携帯電話市場などが、
これに当てはまります。

要約すれば、

市場に成長性がなく、
企業間の競争も先が見えない乱戦状態であり、
消費者、

取引先が

極端に増加する段階です。

第四の衰退期とは、

商品または、
商品の使用法を大きく変えるイノベーションを推し進めるか、
事業から撤退するかの選択を迫られる段階です。

基本的に

アップルのような携帯とPCを
合体させたスマホのようなイノベーションを行なえる企業は、

限られています。

多くの企業は、

この市場から撤退して、

新しい商品、
道を開拓していきます。

『  脱皮できない

   蛇は滅びる 』!、

厳しいですが、
市場で企業が生き残るには、
このようなことが求められます。

どうですか?

みなさんは、
日本市場で、
財とサービスを
提供する老舗企業の中で
脱皮できるヘビを見たことがありますか?

先進国、

成熟した市場を

抱える国の企業では、

常に市場から、

イノベーションか、

マーケットからの退場が求められるのです。
それが、
その国の

経済や国民生活の

新陳代謝を活性化させるのです。
そして、

資本主義は、

力強く前へ進む・・・
企業とは、

必ず、

この四段階を経ます。
特に
製造業、
IT、各種サービス業は、
ライフサイクル、栄枯盛衰が激しい業種です。
その反面、
エリート大学生に
人気がある老舗電力、老舗運輸、インフラ系は、
このような、

市場の浮き沈みが、

少ない業種だと思われます。

要するに

インフラ系は、公務員的なサービス

を提供する潰れない企業です。

このライフサイクル四段階を
知ることは、
起業家にとっては、
自分が、どの段階で勝負を挑むのか?
企業家、
経営者にとっては、
自分が、どの段階にいるのか?
それらの

ポジションを

正確に知ることが、

事業を成功させるためには、

絶対に不可欠だと思われます。

そして、

企業も、

商品も、
人間同様に

寿命というものがあるということ

を忘れていけません。