【就職活動/必読】悩む!就活悲劇の就活生!会社の正しい選び方!-東京占い無料幸運-

就職活動の悲劇-Tragedy in job hunting-
サラリーマン-東京占い無料幸運-

就職活動は、

誰もが必死です。

特に
有名な学校から中堅の学校まで、
生涯の『おカネ』と

生活の保障(保証)を得るために、

みんなが必死に企業とコンタクトを取ります。
企業といっても、

優秀な学生の

多くは、
中身がわからない、
中小・零細企業ではなく、
伝統と歴史のある上場企業や、
それらに準じる優良中堅企業を目指します。
また、

官庁や専門職を目指します。

そして、
誰もが、

上級サラリーマンを目指すのです。

どこの

先進国も発展途上国も

この状況は、同じだと思われます。
現在では、
高等教育を受けても、
労働環境が二極化しているため、

労働観も多様化しています。

そのため、

二十二~二十三歳そこらで、

自分の
労働力としての
価値を知っている
冷めた心を持つ人たちも、

日本中で多く誕生しています。

それは、

それで、

成熟社会の

良い傾向だと思われます。
後は、
才能や技能を
磨く努力や才能さえあれば、
広い世間を逞しく生きていける人も大勢います。
そういう人は、

わが道を往けばいいのです。

しかし、
世間では、

猫も杓子も、

親も学校も、
知人も友人も、

彼女も彼氏も、

就職、就職、
就活、就活、就活とうるさいですが、

就職、就活で、

大事なことは、
とにかく、
企業活動に関する情報を
公開している大企業に入ることです。
就職、
就活とは、

良い会社に入れて、

初めて、
意味があるのです。

上位から中位の

学校に在籍しているのなら、

チャンスは、

あります。
あなたは、
あなたの学校から目指せる

上位の2%を目指してください!

就職は、
とりあえず、

どこでもいい!

それは、
大きな、

間違いです。

就職は、
良い所に
勤められて、
良い就職となるです。

周りは、言います。

就職先は、

どこでもいいと!

決して

そんなことは、ありません。

世の中、
生きる道は、
たくさんあります。
しかし、
就活生は、
始めの一歩は、
とにかく、良い会社を目指すべきです。

『 寄らば大樹の蔭 』!、

これは、
本当です。
自分が隠れる木は、
大きければ大きいほど良いのです。

これは、

今も昔も変わらぬ自然法則です。

特に
若ければ、
若いほど、
過酷な社会で
独り立ちするには、
誰かの保護や組織の保護が必要なのです。
自立、
独立志向の強い人も
せっかく高等教育を受けたのなら、
人生のスタートは、そこにあります。

大樹の枝となるのか?

大樹の葉となるのか?

大樹の根となるのか?

それか

大樹から種となり、

大空に舞い上がり、

自分が樹となるのか!

メディアや
ネットの情報、
親、兄弟、教師の話を
まともに聞いては、いけません。

特に親の話は昔話です。

冷静に
自分の

社会的ポジションを知り、

就職活動を行ないましょう。
これから、
就活生の会社選びに関して、
なぜ、
中小零細企業がダメなのか、
その理由を考えていきたいと思います。
この提言は、
中小零細以外に、
各種団体にも当てはめます。
よくTVなどを見ていると、

中小企業は、

人が集まらないという話題を目にすることがあります。
日本の
中小企業は、

立派です。

日本の産業を支えています。

社長だって立派な人が多いです。

これは、
本当です。
経営者に関しては、
自分の

安全、安心

一番だと思っている日本人とは違い、

すごいリスクを背負った人たちです。

しかし、
これらの企業の実態は、

暗部に包まれています。

まず、
上場企業や公務員組織のように
企業活動に関する情報が公開されていません。
そして、
何より、
生涯設計、
転職を考える上でも、

中小・零細企業は、

福利厚生制度が貧弱です。
最近では、
これらを
外部に委託する会社も増えています。
それでも、
中小・零細企業の

福利厚生は、貧弱なものです。

本当のことをいえば、
これら企業の経済規模では、
人を雇えるような、経営体力がないのです。
そして、

何よりも薄給です。

そのため、

人件費

安く使える新卒者を
懸命に確保したがるのです。
最初の二~三年だけ労働力が欲しい。

就活生は、必死です。

『 寄らば大樹の蔭 』といっても、
そのような会社しか居場所のない従業員の真剣さとは、就活生の意識は大きく違います。

さらに就活生は社会常識に対して無知です。

しかし、
自分の将来を考えるがゆえに真剣に就活に挑んでいます。
自分の有給、給与、退職金、各種制度について、採用担当者に問いかけます。しかし、これら中小・零細企業の人々は、それらを生意気な問いかけだと、就活生の真剣な問いかけに対して採用側は真剣に答えようとしません。
または、

答えられない!

そのため、
その程度の会社は、
労働力として満足するような
まともな人材を雇えないので小さな組織を腐らせていきます。
その
結果が、

中小・零細企業、

地域経済に寄生する企業に多く見られる
縁故主義、血縁主義、地縁に基づいた組織体質となるです。

優秀な就活生を

粗探しをして、現地人のみ贔屓します。

『 実力主義 』、

『 成果主義 』!、

と経営者や採用担当者は、

口では、

なんとでも、言います。

タダですから・・・

しかし、
そのような、
中小・零細企業の実態は、
大企業とは、
大きく違い、
能力主義ではなく、
ゴマすりやエコヒイキが蔓延(はびこ)り、
まともな人間が異物扱いされる危ない会社なのです。
これに
経営陣の

学閥(地方では高校閥)、

同族、縁故、同じ出身地の人間が群れる未来のない企業なのです。
これは、
大都市部ではなく、
地方では、多く見られる中小・零細企業の組織体質です。
そして、
これらの事情は、
就活生や求職者には、知ることができない情報なのです。
まともな会社とは、情報公開の義務が課されている上場企業なのです。
もちろん、
上場企業にも、
このような体質は、

依然として残っています。

しかし、

必ず客観的な人物考査制度を整えています。

まともな就活生は、

決して、

地縁、血縁、学閥(高校閥)が
あるような会社には入ってはいけません。
会社とは、

経営者の

手腕をもとに限りある経営資源を活用して社会に役立つサービス・財を提供することが目的であり、封建的な村社会や馴れ合いの精神に基づいた村落共同体ではないのです。

本来の会社制度とは、

資本主義を力強く推進するマシンなのです。
そして、

中小・零細企業とは、

それを運営、経営する人間と
そこで働く人間そのものが具現化したものなのです。
だから、
いつまでも、

中小・零細なのです。

しかし、
これらも経済法則の上に成り立つ組織であり、まだ、改善の余地があります。中小零細企業以上に無茶苦茶なのが、経済法則が働かない公的な組織(役所)に準じるような組織です。特に優しそうな理念を抱えている社会福祉系の事業所などには、就活生は、注意が必要です。
そして、
中小零細企業がダメな点は、

人材が最初から消耗品であり、

大企業のように人材が人財とならない点です。
これは、
中小・零細企業だけではないのですが、
やはり、

大企業は、

従業員教育というものを非常に重視しています。
しかし、中小・零細企業は、『 おカネ 』と頭がないため、基本的にまともな新入社員・従業員教育というものを行なっていません。
中途採用者に対しても、即戦力という変な言葉でこれらを誤魔化しています。企業での仕事とは、企業の規模に関わらず、

どこでも特殊な仕事なのです。

特に日本の場合、同じ会社、同じ業務というのは、大企業でもありません。専門用語ですら企業で違うこともあります。それなのに即戦力という変な言葉で、採用担当者もすべてを誤魔化しているのです。こんなことは、社会人経験が少しでもあれば、わかる話です。
しかし、

中小・零細企業には、

そのような常識がありません。
現在でも、
人材マニュアルの作成や社員教育コンサルタントの指導を受けたり、人材を人財にするような教育制度を整えず『仕事は、見て覚えろ』とか、前近代的な教育法がまかり通っています。
そのため、
新入社員や中途採用者は、

入社日に驚きます。

初日から怒鳴られ、

暴言を吐かれて、

会社の業務が始まります。

『 オマエは、ここしかない 』!、

『 どこにもいけない 』!、

『 経営が大変だ 』!、

そして、
一人、

涙を流しながら、

後悔します。

セクハラ、パワハラ、残業代、給料未払い…

会社の格が落ちる中小・零細企業では、転職も難しくなります。
自分自身に
能があれば、

難関資格取得、

各種公務員試験、各種技能職、
起業など、中小零細の世界から抜け出せますが・・・

S・スタローンが問いかけます。

『 Are  you  expendables? 』,

しかし、
これが、

中小・零細企業の

実態であり、OJTなのです。

だから、
どこも新卒採用に固執しするのdeath!
そして、
何度も言いますが、

中小・零細企業では、

新入社員・従業員教育の余裕がないのです。
それに
拍車をかけるように
昇進も昇給も目指す上がないので、
指導者となる上司も精神論や暴言しか、
部下にできないのです。

中小・零細企業とは、

その
事業規模から、

それが限度、限界なのです。

そして、
常に
株主、
消費者から変化と収益を求められる大企業とは大きく違い!

中小・零細企業では、

経営者も管理職も勉強をしないのです。
その会社内の狭く、

外部に

閉ざされた、

世界が生み出した価値観だけを

信奉して、

弱体化している地域経済に巣くっているのです。
そして、
いつの間にか、

その地域で、

殿様になっているのです。

とにかく、

中小・零細企業

それに準じる組織とは、
自社に都合の良い人間だけが欲しいのです。

 

そんな所で生涯設計を描けますか?

人生は、
その後も
結婚、子育て、親の介護・看病と続いていきます。

その時、

あなたは、

もう逃げられないのです。

これが中小・零細企業です。
そして、

就活生は、

勘違いしてはいけません。
日本では、
サラリーマンといえば、
社会のマジョリティなので、
高給取りの

上級サラリーマンから

中級・下級サラリーマンまで、
平等みたいな、

印象操作

メディアなどを通して、
年中、行なわれていますが、
しかし、

労働力ほど、

上・中・下と格差が激しい商品はないのです。
とにかく、

就活生は、

デカく!
大きく!
歴史があって働いている人が多い!
そんな、

良い会社、

優良企業を目指してください!

就活!
苦しいこともあると思いますが、

しかし、

安易な考え方に

流されては、いけません。