進撃の経営vol.5-キャッシュフローと経営-東京占い無料幸運-

進撃の経営- Management of advance-
進撃の経営-東京占い無料幸運-

企業経営における、
経営資源において、一番、
重要になるのが『おカネ』です。
企業を
自動車のエンジンに
例えると『おカネ』は、
そのエンジンを動かすガソリンと呼べます。
そこで重要になるのが、

キャッシュフロー(Cash Flow,)と

呼ばれる考え方です。
キャッシュフローを一言でいえば、
企業における『おカネ』の出入りを意味します。

『おカネ』です。

そして、
これらの『おカネ』を
見える化(Visualization,)するのが
簿記、会計、財務の仕事となります。
経営者は、
まず、

毎日、

この『おカネ』の出入り、

キャッシュフローを

確認しないといけません。
このキャッシュフローは、
企業経営には、
必須の知識と実務ですが、
簿記がわからないと、絶対に理解できません。
基本は、
現金の収入と支出の動き、
資金として必要な現金の出入りということになります。

(基本公式)収入-支出=現金増減

キャッシュフローとは、
資金の流出入の動き
を目で見るものである。
キャッシュ・アウトを支出と呼び。
そして収入をキャッシュ・インフロー呼ぶ。
そして、
キャッシュフローは、
大きく三つに分類されます。
一つ目が営業キャッシュフロー、二つ目が投資キャッ
シュフロー、三つ目が財務キャッシュフローと呼ばれ
るものです。
1.営業キャッシュフロー/企業活動から得られるキャッシュ、当期利益の数字に調整を行い算出することが目的である。
2.投資キャッシュフロー/企業の成長と未来にかかる費用です。例えば、工場の増設、機械の導入と企業における固定資産に関するキャッシュの算出が目的である。
3.財務キャッシュフロー/銀行などからの借り入れ、返済、株の売却、配当金など、企業外部とのキャッシュの動きを算出することが目的である。
これら、三つの活動区分を
表にしたのが、
キャッシュフロー計算書、
財務諸表と呼ばれる一覧表です。

起業家、経営者、投資家は、

必ず、
この表が読めないと、
成功することは、ありません。
そこで、
重要になるのが
キャッシュフロー分析(Cash flowanalysis,)と
呼ばれる会計的な視点で企業を裸にする分析方法です。
その
企業における
キャッシュ、
現金の流れを
確認することにより、
無駄のない合理的な経営が
行なわれているかチェックします。
そして、
企業で一番大事な、

『おカネ』、現金、キャッシュの

残高を
調べることができます。
証券投資においても
企業の負債を一瞬で見破ること
ができる株式投資のエスパーとなります。
この
キャッシュフロー分析(Cash flow analysis,)は、
現代医療におけるレントゲン、
MR、CT、PETのような道具や役割を担っています。
 本当のことを言います。

企業とは、『おカネ』なんです。

それだけです。
 良い企業、
エクセレント・カンパニーとは、

財務体質が良い会社なのです。

就職活動中の
大学生も是非、
志望先は、財務体質の
良い会社をお選びください。
そして、
未来の起業家、
企業家の卵は、
必ず経営において、
キャッシュの動きを記録して、確認しながら、
資本主義の

暗黒の海を航海してください。

また、
株式投資を
されている個人投資家の方も、
必ず、
投資先の
キャッシュの動きに
注意を払ってください。

企業活動とは、

キャッシュ・フローだけだと
言っても過言では、ないような気がします。