進撃の経営vol.4-経営計画の重要性-東京占い無料幸運-

進撃の経営- Management of advance-
進撃の経営-東京占い無料幸運-

企業運営、
経営において大事な作業があります。
それは、
経営者の考えや、
経営理念、経営目標、経営方針から、
それらを実現させるための、

経営計画

立案することです。
この経営計画とは、
映画、ドラマ、舞台にたとえれば、
脚本、シナリオのようなものです。
映画監督、舞台監督は、
このシナリオに基づいて、
役者を配置して、カメラや舞台を動かします。
しかし、
撮影、舞台現場は、
予算や人員の関係で制約下に置かれています。
そこで、
新しい工夫や
仕組みで、売れる作品を
仕上げるのが、監督の仕事になります。
企業経営も、
これと同じです。
個人事業主も同じです。
これらから
経営計画について詳しく見ていきます。
まず、
経営計画には、
五つの要素が
盛り込まれていることが前提になります。
一つ目が
経営理念、
経営方針、
経営目標が経営者を
TOPに全従業員に共有されていることです。
これは、
自動車製造会社を例に挙げれば、
自社で製造している自動車全車をAI化する。
それにともない、
開発者は、
AIについて学び、
法務は、AIと道路交通法の関係を調査する。
そして、
営業は、
AI時代の販売戦略を考え、

実践する。

二つ目は、
経営計画を考える際に
短期の経営計画において
中期、長期におけるロングな
経営目標の一部として整合性がある計画とする。
三つ目は、
企業を動かす
『カネ』に関する
計画で収益力の向上と確保のために
内部改革の可能性や実現性が具体的に盛り込まれている。
四つ目は、
各部署の責任者が
部署同士の作業が
スムーズに行なえる体制を整えている。
五つ目は、
各部署における
責任者の権限と責任の所在が明確にされており、
企業全体の経営計画達成に貢献できる体制を整えている。
また、
これらは、
短期計画ではなく、
中期、長期における計画の中に
組み込まれていることが前提となります。
そして、

経営計画には、

大きく、
三つの計画があります。
一つ目は、

長期計画です。

これは、
数年、数十年の
企業における展望です。
そして、
二つ目の中期計画とは、
長くて
数年、数ヶ月の
展望と計画になります。
これだけを見れば、
経営計画は、絵に描いた餅となります。
そこで
重要になるのが、
これらに
裏づけを与えるための

短期計画です。

大きな目標達成のためには、
まず、
初めに何をすべきか、
目先の目標を立てて、
達成していくことが肝心です。
とにかく、
経営計画を立案する際には、
長期から中期、
中期から短期の計画を考えていくことが必要です。
これは、
登山にたとえれば、
石川県、白山の
頂点に立つことが長期目標です。
次に白山の八合目まで、歩くことが中期目標となります。
そして、
短期目標は、
白山に登るための体力を身につけ、
登山費用を得ることが短期目標となります。
長期目標を
小さくしたのが
中期目標で中期目標を
細分化したのが短期目標といえるでしょう。
しかし、
経営計画立案において、
短期目標の達成のみに注力して、
企業経営の全体を見失うなっては、いけません。
多くの
中小零細企業が
売り上げだけに力を入れて、
長期的展望を持たずに、
消費者、
取引先から絞り、
従業員の質が落ちて、
社会から見捨てられることが多々あります。
企業が
腐らないためにも
中、長期の経営計画立案は、

絶対に必要です。

そこで、
経営計画にすればいいのか見ていきます。
経営計画で大事なことは、

戦略性

全員参加、

経営目標と計画の一体化、

課題解決能力、

の五つです。
一つ目の
戦略性とは、
経営計画において、
企業を
取り巻く外部環境の
変化、同業者の動向など
中期、長期計画立案の際に、
それらの変化要因を経営計画に盛り込むことです。
自動車製造会社を例に挙げれば、
少子高齢化が確定している国内市場という
外部環境の変化を経営計画に盛り込むことです。
この
変化を
盛り込めば、
高齢者、女性、子供、低所得者層を
意識した車のデザインと機能、顧客層の
変化、CM製作など、そのすべてに対して見通しが立ちます。
二つ目の
全員参加とは、
経営者と
TOPに末端の従業員まで、
経営計画を共有することです。
そして、
企業規模が
大小に関係なく、
各部署の責任者と
幹部全員の意見を聞き、
企業の経営状態の確認と財務、
その他、
諸々の分析に基づいた
現実的な計画の立案と策定を行なわなければいけません。
経営計画とは、
旧社会主義国のような、
上からの
下への不合理な
命令では、ありません。
三つ目の
経営目標と
計画の一体化とは、
経営計画とは、
部分的な
狭い範囲を
カバーするものではなく、
各部署における
狭量な計画、
目標達成、
能力からは、
生まれてきません。
そのため、
経営計画において、
大事なことは、
中期、長期計画に
各部署をうまく組み込むことです。
そして、
五つ目の
課題解決能力とは、
経営の課題を直視することです。
または、
数値にすることです。
この点は、
非常に重要で
日本の企業は、
大中小に関係なく、
欧米の企業とは違い、
自社の悪い部分を決して直視しない傾向があります。
中小・零細企業になれば、
特に

悲惨で、

つまらない
精神論や現場の横暴がまかり通っています。
これら、
三流、
五流会社に関しては、
経営者、労働者の

悪いので仕方がない面もありますが、
現在は、
時代や流行の
変化が激しく、
企業が
新しい環境に適応していかないと、
生き残ることが難しくなっています。
目の前に
課題、
考えたくない事案があったら、
真っ先に、
それらを直視する。
目先の努力で変えられるなら、

すぐに変える。

そして、
その課題を
経営計画に盛り込み、
企業の方向性を示すことが大事です。

経営計画とは、

資本主義の舞台で必要となる、
企業活動全体の台本なのです。
野外撮影の
ラブシーン中で
予定外の雨が降れば、
その雨を企業経営に活かすのが経営者の手腕となるのです。

経営計画とは、

常に

想定外を予期し、

対応するためにあるのです。