初めての経営学-企業を支える文化-東京占い無料幸運-

経営学の勉強-Studying business administration-
初めての経営学-東京占い無料幸運-

みなさんは、

企業文化、

という言葉を知っていますか?
企業文化とは、
一言でいえば、
人間社会の文化と同じく、
その企業特有の個性や雰囲気を表した言葉です。
例えば、
同じ自動車を作っていても、

トヨタ自動車、

日産、ホンダ、三菱、

ベンツ、ダイハツ、スズキ

フォード、ジープ、BMW、オペル、

ルノー、フィアット、フェラーリ、ランボルギーニ・・・

と、
その
自動車の外装や内装、
販売方法、
CM、客層など、
同じ自動車製造会社でも、
まったく雰囲気が違います。
それは、
コンビニ、
ホテル、私鉄、航空、製薬会社など、
どの企業でも言えることで、
一見、
企業は、
無個性な組織に見えても
本来は、個性があふれた存在です。
また、
そこで
働く従業員、労働者も
まったく違う個性と社風を生み出します。
そして、
これら
企業の個性、

企業文化は、

そのものが、
値段が
付けられない
貴重な経営資源となるのです。
しかし、
このような
会社に
個性を与える
企業文化の働きに関して、悪い面もあります。
それは、
時として、
組織を成長させる際の
障害となることが、よくあります。
世の中の多くの
中堅、中小零細企業は、
この悪い面が強く働くため会社が成長しません。
その
原因として考えられる
主な
理由は、
企業文化が作られるには、
非常に長い時間が経過しているため、
新しいことに対して、
経営者、
現場から
強い拒絶反応が出ることです。
そのため、
会社を
取り巻く
外部環境や
時代の変化に
対応した組織を動かす
企業文化を変えることができないのです。

『 脱皮しないヘビは死ぬ 』!、

それでは、
これから
企業文化を作る
要因について詳しく見ていきます。

第一の要因は、

経営理念です。
企業文化とは、
経営者が考えた理念が生み出すものです。

第二の要因は、

創業者の成功体験です。
この
創業者の
成功体験とは、
困ったもので、
この成功体験自体は、
決して、揺るがない事実です。
そのため
問題には、
なりません。
しかし、
創業者だけが
勝ち得た
特殊な経験を
従業員に強いて、
組織を動かすことは、
不可能です。
それは、
まったく
効率的では、
ありません。
しかし、
~イズム(ism)と呼ばれるような、
創業者の生き方や思考は、
大きく企業文化のフレームを形作ります。

第三の要因は、

組織管理の企業文化です。
これは、
業種別または、
各部署における組織の形です。
これらは、
理論が確立しており、
大企業の場合は、
企業経営の死活問題となります。
そして、
これらは、
経営学などの
学問や研究の
対象となる専門分野です。
また、
それとは違い
従業員を管理するための組織文化もあります。
日本企業の場合、
このような
従業員イジメに近い人間の管理を
目的とした企業文化が強い傾向にあります。
この
組織文化に
従業員同士の
イジメや人間同士の軋轢が
加わると目も当てられません。

第四の要因は、

外部環境から作られる企業文化です。
例えば、
佐川急便の
セールスドライバーの厳しい特訓や
企業ではありませんが
有事に備えて訓練する自衛隊など、
それらの組織は、
その人たちが働く現場から要請された
環境に対応するための組織文化を作っています。
最後になりますが

第五の要因は、

企業特有の行事や運動です。
朝礼、
稟議制度、
励行、
お花見、
運動会、飲み会など、
これらの
企業文化も
業種別、組織の形で
中身も大きく変わってきます。
そして、
三流、五流の会社になれば、
その
内容も
下品となり、
中身がなくなっていきます。
以上が
企業文化を
生み出す五つの要因です。
最後になりますが、
起業家、
経営者にとって、
企業文化とは、
基本的に
必要のないものだと
認識しておいてください。
企業というのは、

ヒト、モノ、カネ

ぶち込んで
経営者の手腕と
従業員の働きで、
世の中を
便利にする
各種商品を作り出し、
それらのサービス提供するマシーンです。
それらの組織で
働く従業員も同じです。
企業には、
労働力や
専門能力を
提供して賃金を貰う場所なのです。
それ以上のものでは、ありません。
起業家、
経営者、
従業員も
常に
外部環境に合わせて、
頭と体を動かさないといけません。
そのような企業なら
21世紀の
過酷な資本主義世界でも

生き残れるでしょう。