【アニメ】魔女の宅急便は何処から届く?-魔法をこめてドイツから-東京占い無料幸運-

コラム- Column-
ジブリの真実-東京占い無料幸運-

みなさんは、
1989年に劇場公開された宮崎駿監督、
スタジオジブリ製作の
『魔女の宅急便』という、
アニメ映画を知っていますか?
ストーリーは、
シンプルで
ヨーロッパ風の島(ゴットランド島 )が舞台です。
主人公は、
ショートヘアーが印象的なキキという13歳の少女で
相棒の黒猫と共に個性的な家族や仲間に支えられ
ながら、田舎から都会に出て魔女として成長していく
話です。
その成長は、
人間の少女として、
次に魔女として、大切なものを守りながら、
大人の女へと変化するために、
人生の試練を重ねていく話でもあります。
このアニメ映画は、
それまでのオタク、
家族向きの作品である『風の谷のナウシカ』、『天空
の城ラピュタ』、『火垂るの墓』、『となりのトトロ』の世
界観とは、大きく違い、十代の少女に向けて作られた
作品です。
アニメ映画のビジュアルやサウンド面でもユーミン
(荒井由実)が歌う主題歌「ルージュの伝言」の印象
が強い作品ですが、『魔女の宅急便』には、世界で
読まれている児童書(児童文学)としての原作があり
ます。作者は、角野栄子です。
魔女と聞いたら、怖くて、恐ろしい存在ですが、この
『魔女の宅急便』は、そんな魔女のイメージを覆した
作品です。よく日本テレビで放映されています。
世界を見渡せば、
特にヨーロッパに目を移せば、
魔女伝説の話は、多く、現代でも一種の信仰として、
魔女伝説は、語り継がれています。
そこで気になるのが魔女は、どこで生活しているか
ということです。とんがり帽子を被り、ほうきに足をまた
ぎ、夜空を飛ぶ・・・
魔女伝説で世界に一つ有名な場所があります。
そこでは、
毎年4月30日、
ベルティナという土地に
ヨーロッパ中の魔女たちが、
集結して、秘密の集会が行なわれます。
人々は、
その夜を恐れて、
そして敬意をはらい、

『ワルプルギスの夜』

と呼んでいます。
その場所は、
ヨーロッパの中心ドイツにあります。
ドイツでは、魔女伝説の聖地で有名ですが、年に一
度、魔女たちが春の到来を祝福するために集まる場
所は、北ドイツ、ハルツ地方のブロッケン山といわれ
ています。
ちなみにブロッケン山、ブロッケン現象で有名な場所
です。『魔女の宅急便』の主人公キキも年に一度、こ
の集会に参加しているのでしょうか?
現在では、一般人でも、この集会に参加することが
可能なようです。もちろん、ほうきにまたがって飛んで
いくことは、できないので、ルフトハンザ航空を利用し
て、さらに鉄道を乗り継ぎ目的地まで行かないといけ
ません。

年に一度、

夜な夜な、

ブロッケン山で

行なわれる魔女の集会?

そこが、

『魔女の宅急便』、

の集配所なのかもしれません。

 

*ブロッケン現象は、太陽などの光により、光を見る人を通り越した場所にある雲、霧、濃霧に散乱されて(ミー散乱)、 見る人の周りの影に虹色の光輪、後光となって現われる珍しい現象です。日本では、北陸地方、石川県にある霊峰白山などが有名です。