【入門株式投資】初めての金融論-東京占い無料幸運-

株の格言-The Stock Market-
株-東京占い無料幸運-

株式投資の世界、
それは、金融の世界です。
しかし、
金融という言葉の
意味を知らない人は、世の中、多いです。
金融恐慌、
金融界、金融会社、
金融緩和、金融工学、金融自由化、
金融商品、金融商品取引、金融庁・・・
金融という文字が
頭文字になる言葉は、
世の中、たくさんあります。
金融とは、
一言でいえば、

金銭の融通です。

次に

資金の貸借、

『おカネ』の貸し借り

です。

1.金融の融通、

2.『おカネ』の貸し借り、

そうです。
金融とは、
『おカネ』の貸し借りです。
家族、友人などで行なう、
『おカネ』の貸し借りです。
それが、
なぜ、こんなに難しくなるのかといえば、
金融という言葉が扱う世界が大きいからです。
金融は、
大きい世界、
それは、政府、銀行、企業と
とてつもない金額を扱う世界を指します。

数千万、

数億、数十億、

数千億、数兆、数十兆円・・・

そのような、
巨大な『おカネ』になると、
それにともない、金融の専門機関があり、
制度があり、法律があり、取引があります。
そして、
金融市場と
呼ばれる世界規模の
巨大なマーケットが誕生します。
そこでの取引や規則は、複雑です。
そこは、
私たちの生活感覚を超えた数字を扱う、

超越世界です。

ここで、
金融の基本を
確認します。金融とは、
『おカネ』の融通です。
友人、知人と
居酒屋で飲んだ際に、
財布に『おカネ』がなく困ります。
しかし、
クレッジットカードがあったので、
その場の支払いは、クレカにしました。
クレジットカード、支払い方法も様々です。
また、
ある人は、
財布に『おカネ』が
なかったので、その友人に
『おカネ』を借りて支払いました。
また、
ある人は、
いきつけの
居酒屋だったので
店主の承諾を
もらいツケにして、
居酒屋を後にしました。
これが
私たちの
日常生活における金融です。
これが、
政府、銀行、企業となると、
その金額や取引方法は、巨大で
複雑になるのです。ある人が車を買いたくて、
ローンを組みました。それが企業になると海辺を
埋め立てて工場を建てたいので銀行から巨額の
『おカネ』を借りる。
それも車をローンで買う人と原理は、同じです。
さらに『おカネ』の融通で重要なのが金融市場です。
ありとあらゆる『おカネ』が蠢(うごめく)く世界です。
そして、
金融は、時間という考え方が入ります。
金融は、現在と未来を『おカネ』で結ぶのです。
必ず、個人も企業も『おカネ』を用立てすれば、
返済しないといけません。
この貸し借りの取引は、

未来へと継続していくのです。

そして、
先ほど居酒屋で
ツケにして飲んだ人のように、
金融は、『おカネ』だけでは、ないのです。

金融は、

無から『おカネ』を生み、

『おカネ』から

『おカネ』を生み出すのです。

金融とは、
何かと問われれば、
『おカネ』のありとあらゆる融通、
そして、
『おカネ』の貸し借りということを
株式投資を
行なう際には、
しっかり押さえておきましょう。