【入門株式投資】証券会社の選び方-東京占い無料幸運-

株の格言-The Stock Market-
株-東京占い無料幸運-

株式投資を
したい人は、戸惑います。

株式取引の仕組みがわからない?

株式売買の知恵がない・・・

そして、
株式投資において、
一生付き合うかもしれない、
株を売り買いできる証券会社を
どこにすればよいのか、ひとり悩みます。
そうです。
株式投資は、証券会社を
通さなくては、株の売買は、できません。
この
証券会社とは、投資家が欲しい、
または、
投資家が売りたい株を手数料を
取り代わりに売買を行なう会社です。
しかし、
この証券会社とは、
イメージ的にあまり良くないです。
その原因の
一つとして、
よく中身が
わからない、
金融商品の販売と
それらを購入して損した人たちの存在です。
次に違うのは、

『おカネ』に対する考えです。

これは、
一般人と
証券会社では、
『おカネ』に対する
感覚や捉え方が大きく違うのです。
一般人にとって、
投資に用いる資金は、
大金でも証券会社から見たら、
それらは、小銭のようなものです。
それと、
もっと違うのが時間の感覚です。
一般人にとって、
好況、不況の波は、長くて、
回復までの道は、険しいものです。
証券会社に
とっては、『おカネ』は、
天下のまわりものなので、
株価が回復する3~5年程度の
時間は、たいしたものではありません。
しかし、
一発、株価が急落すれば、
余裕を持たずに資金を投資に
つぎ込んだ投資家は、預金、遺産、
退職金と目減りした資金の額面に驚きます。
自分で考えず、
証券会社を頼りに
投資をするとそうなるのです。
自分の頭で理解できないような
金融商品は、絶対に購入しては、いけません。
証券会社は、
株の売買を依頼する会社で
あることを肝に銘じましょう。
とにかく、証券会社と
一般人では、『おカネ』や
時間について考えや感覚が違うということを
必ず押さえて自分が利用する会社を選びましょう。
そして、
株の取引も
自己資金のみの

『 現物取引 』だけです。

そこで
証券会社の
選び方について、
その重要なポイントに
ついて書いていきます。
日本に証券会社は、
たくさんあります。
ちなみに
野村、
大和は、
大口相手の
巨大証券会社です。

その客層も様々です。

まず、
大事なことは、
株式売買の手数料です。

証券会社は、手数料です。

この
手数料は、
取引額などで、
大きく変わってきます。
あなたの取引手法と取引回数を
考えて、証券会社を比べお選びください。
証券会社は、
大きく分類すると
店舗方とネット業者に分かれます。
店舗型は、
野村、大和など
各都道府県に支店を置き、
営業をしている大手の証券会社です。
ネット専業は、ネットを通した取引中心の
証券会社で現在、多くの人がPCスマホで気軽に
売買しています。
サービスに
関しては、店舗型は、
対面方式を重視して、
投資信託などの営業に力を入れています。
投資に関するセミナーなども
都心、地方で頻繁に行なっています。
やはり、
店舗型は、
中高年以上で資金に
余裕がある人を対象にしていそうです。
ネット証券と比べて、
取引手数料や口座管理料は、
店舗型は、やや割高な印象があります。
それに対して、ネット証券は、従業員、
営業マンが少ないため取引手数料が安く、
24時間、リアルタイムの取引が可能です。
また、
Eメールを通して、
企業情報、経済動向のレポートなども
発信されており、勉強もできます。現在、ネット証券
は、株式取引の主流となっています。
ここでも同じ話になるのですが、
株式投資で大事なことは、株式売買に
関する手数料です。取引額に応じて、手数料という
のが大きく変わってきます。
そして、税金です。
売買の利益が出れば税金が発生します。
取引手数料と税金の二つを考えることが、
証券会社選びでは、重要です。
また、
ネット証券は、
店舗型とは違い、
店舗は、ないのです。
都会に住まれているのなら、
近くに証券会社の店舗がある場合には、
いろいろと活用できるので店舗型もおススメです。
基本的に
店舗型もネット取引は、可能です。
最後にネット証券の選び方ですが、
現在、
基本的に
手数料の値段は、
どこの証券会社も、あまりかわりません。
また、
ネット証券が
銀行業もしており、
それらの口座を持たれているのなら、
それに合わせて、口座を開設する方法もあります。
同系列の会社なら
資金の出し入れなどが便利です。
その他に、
投資でわからないことがあったら、
なんでも相談できる窓口を設けているか
といったことも投資の初心者には、重要です。
そして、
どうしても、
どの証券会社も同じだと思うのなら、
ホームページの印象や使いやすさが
良かった会社にする方法もおススメします。
 
これを整理すると以下の『十三か条』となります。
株式投資の初心者は、
この『十三か条』を必ず守ってください。

1.  一般人と証券会社では、

  『おカネ』と時間の感覚が違う。

2.  投資は、自分の頭で

   考えて行なう。

3.  自分の頭で

   理解できない

   金融商品は買わない。

4.  いらない営業は、

   断固、断る。

5.  証券会社は、

   株の売買を行なう

   会社だとわきまえる。

6.  証券会社は、

   店舗型とネット証券の

   二つがある。

7.  証券会社は、

   取引手数料と

   口座管理料の安さ、

   注文のしやすさを考慮する。

8.  手数料は、売買額に応じる。

9.  手数料も大事だが

    取引の際には、

    税金のことも考える。

10. 同系列の銀行に

    口座があるのなら、

    それに合わせる。

11.    証券会社がどれも

   同じに見えるのなら、

   HPの印象と操作の

         しやすさで決める。

12.   株取引は、自己資金の

      『  現物取引  』のみ!

     (投資は、余裕資金のみ)、

13.  電話などの窓口を設けて、

  一般投資家の

  相談に 応じてくれるかどうか、

もし、
株式投資で
証券会社選びでお困りなら、
これら『十三か条』を参考にしてください。