【悩み/解決】時代を生き抜く借金の督促方法-身内・親類編-/-東京占い無料幸運-

生活情報-Live a Life-
借金の督促-東京占い無料幸運-

借金、
離婚、進学費、
身体障害、犯罪加害者、
犯罪被害者、過失、失職、
事故、台風、大震災、火事、
病気、入院、治療費、戦争の危機と
私たちが、
人生の危機に直面する時、
必ず『おカネ』が必要になります。
人間が生きることは、
常にリスクを抱えることであり、
そんな、リスクを様々な
理由で回避できなかった人も
世の中には、たくさんいます。
自分に責任がない場合もあれば、
身から出た錆で、
自分に原因がある場合もあります。
それが借金の依頼です。
特に
知らない他人からの依頼は、
突っぱねることは、可能ですが、
身内、親類となれば、仕方がない部分もあります。

お互い様、持ちつ持たれつ・・・

しかし、
世の中の金銭トラブルで
裁判所も警察からも忌避されるのが、
これら身内・親類間の借金トラブルです。
日本で
まだ「恥」という文化が生きていれば、
これらのトラブルは、表ざたになりません。
それでも、
親しい身内・親類から、
火事で台風で震災で有事で病気で苦しいと
電話がかかってきたら、断るのは、難しいです。
世間では、
血税を投入した福祉、
人権保護が叫ばれますが、
本来のセーフティーネットは、
こういう、
金銭苦を相談できる人間関係が
あるかどうかにかかっているのです。
特に結婚などで、
これら身内・親類間の
非常時以外の『おカネ』貸し借り
が当たり前の家族も多く、男女共に
戸惑うことがあります。
身内・親類間の『カネ』の貸し借りは、
非常時以外、絶対にしては、いけません。
道楽、
ギャンブル、遊びや、
見栄をともなう行事に関する借金の
依頼は、絶対に受けてはいけません。

友人、知人の依頼は、

絶対にダメです。

しかし、
天災、病気などは、別です。
それが、
肉親、親子、兄弟なら、なおさらです。
誰かが、
あなたに泣きつきます。
そして、
あなたが誰かに
いつか泣きつくかも知れません。
そこで、
非常時における借金の
申し入れを受けた場合の対処法を教えます。
基本的に
身内・親類でも
借金の依頼は、断る姿勢で挑みます。
そして、
その一線を
越えた場合のみ、
借金の額は、あなたの家庭や
収入と相談しながら小額に留めます。
とにかく、
借金の依頼は、
値切ることが肝心です。
「私も子供がいて苦しい」、
「住宅ローンがある」、理由は、何でもいいです。

その時は、役者になりましょう。

もし、
高額で正しい理由がある借金なら
貸主、借主と名前が書かれ判子を
押した借用者は、絶対に必要です。
自分で作りましょう。
そして、
家族がいるのなら、
旦那なら奥さん、
奥さんなら旦那に
必ず相談してください。
愛が深まるか?
愛にヒビが入るか?
自分の『おカネ』だからといって、
勝手な判断は、してはいけません。
次に督促方法です。
まずは、相手が回復してから、
借金返済も話を持ち出しましょう。
この時点、
すでに危険水域に入っています。
メルトダウン一歩、手前です。
なぜなら、
督促をする前に、
普通の感覚なら、相手から、
返済の話があっていいのです。
しかし、
督促をしないといけない、
状況にあなたは、追い込まれている?
そこで、
督促は、
非常手段を用います。
電話で
手紙で「 私も非常時です。
     あの時、
     貸した『おカネ』を
     返してください! 」、
貸主が
まともな人なら、
こういうシチュエーションは、罪悪感がともないます。
それなら、
あなたは、とてもいい人です。

人間性は、

『おカネ』には、かえられません!

『おカネ』の貸し借りは、
時と場合により、立場が逆転してしまうものなのです。
これが人の世です。
特に、
借金を申し込む人間は、
身内や親類なら甘えが出てきます。
「 なんで、
  兄さんは、『おカネ』があるのに・・・」、
「 なんで、
  姉さんは、『おカネ』があるのに・・・」、
人間、
貧すれば、DON !
こんな思考回路になるのです。
あの時の
感謝の気持ちは、
どこへいったのか?
あなたも、なります。
わたしも、なります。
そして、
最後は、
刃傷沙汰となり、
人情が踏みんじられます。
そして、
弁護士が儲かり、
警察が呆れます。
翌日の朝刊に名前が載り、大恥をかきます。
とにかく、
借金の申し込みお気をつけください!
そこで、
一つ知恵があります。
もし、
身内・親類で『おカネ』の
貸借をするのなら、寄付だと思い、
依頼者にあげてもいい額におさめることです。

寄付、

手切れ金です。

最後に
社会的な責任が
免除されている若い人は、
絶対に借金だけは、してはいけません。

貸しても、借りても、地獄を見ます。

もう一度、言います。

絶対にダメです。

『おカネ』は、薬物より、危険なんです。
そして、
悪知恵が
働く人間は、
改正民法を援用して、
借金を時効に持っていきます。

借金は、時効あり!

気をつけてください。