初めての経営学-会社の意思決定-東京占い無料幸運-

初めての経営学- First Business Administration-
初めての経営学-東京占い無料幸運-

企業活動、
ベンチャー事業、
新規事業、経営において、
目の前にあるリスクや課題を
解決するための迅速な意思決定は、
常に経営者、管理職従業員に決断を迫ります。
特に企業という組織は、
規模の大中小に関係なく、
一つの決断を従業員にさせることを許しません。
そのため、
リスクを取り、
企業、組織内の課題を
解決するには、多くの時間がかかります。
これら、
企業活動における
リスクや課題の解決を
すばやく
行なえる社内体制を持つ企業は、
同業種の企業間競争において優位な
ポジションが得られると考えられます。

企業活動で

新規なことは、

すべてが

リスクです。

主に
新商品の販売、
新商品に関する生産ラインの増設、
新しい独自、販売方法の提案と実践、
すべてが
新しい未知の
挑戦をともなう意思決定です。
これらの
意思決定に
前例は、ありません。

誰も結果を予期できない。

このような場合、
新商品を出すことは、
それ自体が大きなリスクとなります。
そして、
リスクを取る企業は、
先行者だけが貰える利得を
得るためにリスクを取る決断を強いられます。
このような、
決断ができる企業は、
主にベンチャーか
中小零細の企業だと考えられます。
大企業の場合、決してリスクを
取るような意思決定は、行なわれません。
基本的に
大企業は、
リスク回避型の決断を行ないます。
なぜなら、
大企業の組織は、
これら新規の事業に対して、
リスクの分析、リスクにともなう課題や
不測の事態に備えるための対応策を細かく、
各部署の人員と時間を使い講じていくからです。
そのため、
突如、出現した異色の小企業が
大企業に競争を仕掛けてきた時、大企業が
後手にまわり、お得意のマーケットを根こそぎ、
奪われるようなことが、起きます。
企業経営において、
組織の大きさや事業分野に関係なく、
迅速でマーケットへの対応が早い意思決定を
行なえる仕組みや取り組みが必要となります。
最後になりますが、
経営史に登場する偉人達の
昔を思い浮かべれば意思決定の
メリットが大きく出て成功した例も多いです。
それら企業の
黎明期において活躍したワンマンタイプの
社長や零細企業、自営業者から機転をきかせて、
大成功した起業家、経営者たちの存在です。
それらの人たちに共通することは、
神がかかった一代限りの能力だけを頼りにして、
四畳一間から出発し、時代のニーズを読み、
時代の先端を走り、小さな組織を率いて、
今日の大企業の礎を築きました。
企業経営者、
起業家、自営業者に必要な才能と能力は、
決して、
大企業の中で
各部署における専門化されてバランス感覚が
冴えている保身的なサラリーマンの討議ではなく、
時には、
このような
ワンマン起業家、
ワンマン経営者たちが持つ、
時代を読む
能力、迅速な決断力、
意思決定力ではないかと思われます。