【倒産】倒産する会社のチェックポイント-東京占い無料幸運-

就職活動の悲劇-Tragedy in job hunting-
サラリーマン-東京占い無料幸運-

世の中には、
たくさんの会社があり、
日々、
会社

生まれては、

会社は、

潰れていきます。

今回は、そんな倒産しそうな会社の注意ポイントについて見ていきます。
倒産とは、
名前の通り、

会社が潰れることです。

あなたが
勤める会社
あなたが
経営する会社
あなたの
お父さんやお母さんが
勤務する会社
あなたが勤務する会社の
取引先の会社…

倒産しそうな会社を挙げればキリがないです。

あなたが
就職活動中の
学生や普通の求職者なら
潰れそうな会社を見極めることは、
就職活動の大切な作業の一つだと思われます。
本当なら
潰れる会社を見分けるには、

その会社の財務状態がわかればいいのですが・・・

でも、
やはり、
会社は、

人の集まりです。

そのため、
今回の
テーマは、
人の集まりである会社という組織に着目して、
潰れる会社、
倒産する会社について見ていきたいと思います。
そこで

一番、

重要になるのが、
その
会社の

ムード(Mood)、

アトモスフィア(Atmosphere)、

です。
これは、
状況、雰囲気という
意味の英語ですが、潰れそうな会社は、
この状況、雰囲気が異様な感じになっています。
特に外回りが多い、営業マンは、この状況、雰囲気を掴むことが大切です。
まず、
潰れそうな会社は、

水回りが汚い、

です。
特に

トイレ、

手洗い場、

と雰囲気が悪いです。
これらの掃除が行き届いていません。
そして、
そのような、

汚い場所でも

そこで
働いている人が

平気な神経や感覚が

やはり、おかしいのです。

おかしい

就職活動の
若い学生さんや
外回りの営業マンも
受け付け、応接室だけを見て、
その会社の良し悪しを決めては、いけません。
必ず、

水回り、

トイレ、手洗い場、

チェックしてください。
たとえ小さな会社でも意識的に
これらの箇所を綺麗にしているところは、
会社としての可能性を秘めていると思います。
これが、
潰れそうな会社の
基本的なチェック・ポイントです。
次の
チェック・ポイントは、

オフィスが綺麗かどうかです。

潰れそうな会社は、
とにかく、

オフィスが汚いです。

特にデスク回りが雑然としており、書類やホコリが山積みです。
IT化の時代、デジタルトランスフォーメーションの時代、会社の大、中、小の規模に関係なく、一流企業の業務は、業種にもよりますが、ノートPC、一台で行えます。
しかし、

潰れそうな会社は、

とにかく、
いらない書類や
雑誌などが雑然とデスクの
上に置かれている傾向があります。
デスクは、
そこで働く労働者の

心理状態

を反映していると考えて間違いないでしょう。
そのような
オフィスやデスクは、
そこで、働く労働者の
会社に対する不満や性格の悪さから、
整理整頓に意識が向かないかもしれません。
次のポイントは、
職場の華(はな)である

女性従業員の顔です。

もし、
あなたが
その
会社を
訪問して、
女性社員が

暗い顔をして、

働いていたら、
その会社は、要注意です。
日本の多くの会社では、女性社員は、補助業務に就きます。
そのため、

女性は、

一般職採用が多く、
基本的に
会社への忠誠心は、
男性社員より、
高くはないです。
そのため、
女性社員というのは、
会社内の雰囲気、状況、ムードを
そのまま、反映する鏡となるのです。
就職活動の大学生、
営業マンは、訪問先では、

女性社員表情に注視してください。

訪問先の会社で
女性従業員がビクビク、オドオドしていたら、
即刻、
その会社は、OUT です。
実は、
会社というのは、
従業員のでわかるのです。
特に
出社、
退社前の
従業員の顔を見れば、

その会社がどのような会社かよくわかります。

従業員の顔が険しく、
人相が悪く、余裕がなく、
厳しく、生きる気力がなそうなら、

絶対にその会社に近寄ってはいけません。

いけません。
これらは、
ブラック企業の
特徴ともよく似ています。
会社は、ヒト、モノ、カネでまわるのです。

そのひとつでも欠けていたら・・・

これらの
ポイントは、
何も営利目的の
会社だけではなく、
法的に守られた公務員、学校、
それに準じる団体もみな同じです。
最後の
ポイントは、
やや上級者向けです。
潰れそうな会社において、
一日中、PCのエクセル画面を
操作している経理、会計部門の
従業員が
銀行や取引先の業務が終わる頃、

急にいなくなったり、している場合です。

そして、
経理部門の
従業員が疲れて、顔が暗ければ、
その会社は、潰れる可能性が高そうです。
それは、
会社の資金繰りが
廻っていないために、
取る行動なのかもしれません。
以上の
四つが
潰れそうな会社を
見分けるポイントです。
要するに潰れそうな会社とは、

ヒト、モノ、カネ

余裕がないのです。

最後に
潰れそうな
会社のポイントを整理しておきます。
NO1.『   水回りが汚い    』、
NO2.『   オフィスが汚い   』、
NO3.『   女性従業員の顔   』、
NO4.『 経理部門の従業員の動向 』、
この
ポイントを
意識して会社を
のぞいて見てください。
その
反面、
訪問者が
来客した時だけ
従業員が
みな
ヘラヘラした
嘘くさい卑屈な笑顔を
浮かべて応対するような会社や
不気味なほどオフィスが整理整頓されており、

トイレの掃除が行き届いている会社も要注意です。

その会社の本業は、会社の掃除ですか?
掃除?

朝礼

励行?
洗車?
非生産的なことに力を入れている会社(従業員)は危険です。
最後にネットの噂や転職サイトの口コミ、indeedなどの求人情報を見てみましょう。