【入門株式投資】株式投資家の種類と傾向-東京占い無料幸運-

株の格言-The Stock Market-
株-東京占い無料幸運-

株式投資とは、
株を公開している
企業へ出資を行うことです。
そこで、
気になるのが、
企業へ資金を出資して、
企業の株を買う投資家とは、
どのような人たちなのでしょうか?

みなさんは、知っていますか?

企業の株を買う人を
投資家と呼ぶことを・・・
また、企業の大株主に
なっている人も投資家と呼びます。
投資家は、
大きく三種類に
分類することができます。
一つ目が

機関投資家、

と呼ばれる投資のプロ集団です。
これは、
主に生命保険会社、損害保険会社、
年銀行、大手証券会社、年金運用機関など、
大企業や特殊な団体が業務の一環として、
株式市場で巨額の資金を運営しています。
二つ目が

外国人投資家、

と呼ばれる外国人のプロ集団です。
これは、
主に個人を含めた
機関投資家で80年代中期の
バブル経済以降、独自の情報網と
動きの速さで、閉鎖的な日本の株式市場において、
大きな影響力を持ち続けています。
外国人に
買われる株か
売られる株かによって、
一国の経済を見通すことができます。
三つ目が
90年代後期の
金融ビッグバン、規制緩和、
IT革命、売買単価の値下げ、
さらに
ソフトバンクによるADSL、
NTTの光ファイバーによる高速通信網の開放、
ネット証券の台頭と
インターネットによる株式取引の普及で
一般的になったのが、

個人投資家、

と呼ばれるサラリーマン、主婦(主夫)などを
中心とした”一般人”の投資家です。
これらの
個人投資家は、
小額の資金で
株を運用する人から、
高額な資金で投資をする人まで、
その実態は、様々です。

素人だから、

ナニをするのかわからない!

TVや雑誌、
ネットに登場する
株式投資(売買中心)の成功者たちは、
これら個人投資家から生まれた人たちです。
個人投資家と
その他、投資家の違いは、
自分のお金で株を運用、売買するか、
他人(お客さん)のお金で株を運用、
売買させるかの違いです。
個人投資家が
運用する資金は、
基本的に自分のお金です。
しかし、
その他、投資家は、
企業、団体、国から、
お金を預かり資金を運用しています。
彼らの仕事は、お金を増やすことです。
そのため、
顧客から常に厳しい、
運用業績が求められています。

これが投資家達の素顔です。

そして、
株式投資において、
重要なことは、あなたが投資したい、
企業の株主構成を知り、動きを読むことです。
日本は、
90年代中期まで、
大企業同士がお互いに株を
持ち合う、株式の持ち合いが一般的でした。
大企業が
大企業同士または、
取引銀行を中心にして、
株を持ち合うことにより、
株価の急激な変動を防ぎ、
企業経営を安定させていました。
しかし、
バブル経済が崩壊して、
企業が不良債権、不良資産を
多く抱えることになり、企業経営を
圧迫し始めます。
そして、
これら株の持ち合いが
企業にとって、マイナスに働くようになりました。
何よりも、
大企業同士の株の持ち合いは、
株式市場を
不活発化させる大きな要因の一つでした。
そのため、
バブル経済崩壊後、
日本経済の構造改革、
金融ビッグバンにおいて、
この株の持ち合いが解消されていきました。