勝つ投資vol.1-株式投資の奥義-東京占い無料幸運-

株の格言-The Stock Market-
投資-東京占い無料幸運-

これから、
株式投資の奥義を
御説明させていただきます。
株式投資の

奥義とは、

一体どのようなものでしょうか?
それは、
単純明快です。

『    投資は、

        余裕の

        資金でおこなえ! 』、

株式投資の奥義とは、たったこれだけです。
投資とは、
リスクそのものです。
株式投資をすれば、
景気、相場の変動で
大きな利益を得られる反面、
大きな損失を出すこともあります。

投資は、

人生を豊かにするためにあるのです。
自分自身の人生設計を考慮しながら、
手持ちの『おカネ』を賢く、
投資に使わなくては、

いけません。

人生は、

苦難の連続です。

出生、
進学、退学、
就職、離職、転職、
失職、独立、病気、介護、
結婚、別居、離婚、住宅購入、
子供の非行、慰謝料、養育費の請求、
年金の減額、世界経済の後退、入院、事故・・・
人が生きるということは、
このような人生イベントが死ぬまで続くことです。
そして、
このイベントには、
必ず『おカネ』が必要となります。
そうしたイベントを乗り切るために、
常に手元には、現金が必要となります。
投資の際は、
これらを考慮して、
必ず資金に余裕を持ちましょう。
企業活動は、リスクです
投資は、リスクです。
投資とは、
投資家がリスクを
背負うことなのです。
一度、
相場において、損を出せば、
損失額を簡単に回収することは、不可能です。
特に中高年で
資金に余裕がある人は、
一度の投資で大きな『おカネ』を
相場につぎ込む人が多い傾向にあります。
その際には、
株式投資にともなう、
リスクを考慮することが大事です。
自分は、どこまで損失を許容できるのか?
株式投資を始める際には、
この言葉を何度も繰り返してください。
株式投資を
始める際には、
これらのことを必ず、
厳しく考えてください!
そして、
株式投資で大事なことは、
どれくらいの期間で株を
運用するのかということです。
相場が
痩せたり、
太ったりするのは、
すべてが時間の作用です。
株式投資といえば、
デイ・トレードのように
短い期間で売り買いを繰り返し、
利ざやを稼ぐイメージがあります。
しかし、
そのような投機的な
手法で成功する人は、少数派です。
ここで、
大事なことは、
購入した株を持ち続ける期間です。
これは、
人それぞれなので同じ答えは、ありません。
しかし、
株式投資で、
これは、重要なポイントです。
投資期間は、大きく三つにわけられるでしょう。
一番目が短期投資です。
これは、数時間、数日、数週間、長くて半年です。
二番目が中期投資です。
これは、最低でも一年から三年程度です。
三番目が長期投資です。
これは、最低でも三年以上となります。
基本的に
手持ちの資金を継ぎ足して、
賢く投資をするのなら中期から
長期の投資が安全策だと思われます。
株式投資から得られる収益とは、
株の売買だけでは、ありません。
企業業績により、
分配される配当や
株主優待など形は、様々です。
このように、
株式投資をする際は、
どのような形で利益を得たいのか?
投資期間だけではなく、
そういうことを考えることも重要な仕事です。
株式投資において、
大事なことは、余裕なのです。
投資とは、一言でいえば、余裕なのです。
金持ちは、
事業資金を欲する
企業に余った『おカネ』を与えます。
投資とは、与えたものが返ってきたものなのです。
子育てなら、親の努力と保護、
試験なら、傾向と対策の研究、試験勉強の努力、
野菜作りなら、
土を耕し、種をまき、
水と肥料を与えた結果、実を結ぶのです。
私たち、
年収二千万以下の貧乏人は、どうでしょうか?
他者には、何も与えません、他者から奪うだけです。
「 与える者に与えた物が返ってくる 」
これは、今も昔も変わらぬ富の法則です。
某国の独裁者も
不公平ですが与える者には、
与えているから、最低限の人が集まるのです。
そして、
証券市場は、
法で守られています。
企業は、
株を公開、
上場しているかぎり、
株主から終わることのない、
利益への要求が続くのです。
しかし、
一般人でも自己を律し、
日々、株の勉強ができるのなら、
目の前にチャンスは、開かれています。
相場に挑むことは、
余裕を持ち、投資の結果に対して、
責任を背負えるかどうかに成功の鍵があります。
相場は、
世界経済と
連動する生き物です。
株価は、常に乱高下をします。
決して、
その濁流の中で
判断力を失っては、いけません。
そして、
決して、株式投資において、
他人の責任にしては、いけません。
「 私は、
  証券会社の
  証券外務員に
  ススメられた株を
  買って、大損した。」
これは、
よくある話です。
それなら、
なぜ、自分で銘柄を研究して、
株式投資をしなかったのでしょうか?
残酷ですが、
これが

大人の世界です。

決して、
自分の

失敗、判断ミス

他人の責任に転化することは、できません!
投資は、
株だけではなく、
すべて、
責任の所在は、
自分にあります。
得るモノ、失うモノ、
すべてが自分だけのものです。
それが、投資です。

『 投資は余裕の資金でおこなえ! 』

そして、
何よりも、
マーケットに挑む際には、
地球を包む、でっかく、グローバルな
包容力のある大きな心を持つことが大切です。