【入門株式投資】株式公開企業とは何か?-東京占い無料幸運-

株の格言-The Stock Market-
株-東京占い無料幸運-

株式投資において、
私たちが売買できる株は、
すべて、
証券取引所にて、
登録されたものです。
大企業が新規に事業を起こしたり、
生産設備や工場を新築、増設させる時など、
巨額の資金が必要となります。
新しい原発を作る。
新しい抗がん剤を作る。
新しい飛行機を作る。
新しいビルを建てる。
その際には、
数千万、数億、数十億、
数百億、数千億、一兆円以上の
金額が必要となることもあります。
そして、
そのような資金を株式市場から、
企業は、調達しようと、証券取引所の
厳しい審査を通過して株を公開します。
株を公開することを上場と言います。
世の中には、
株を公開している上場企業と
株を公開していない、
または、公開できない、
二つの企業があります。
基本的に大企業は、
みな株を公開しています。
株式投資において、
売買できるのは、
この上場企業の株だけです。
一般の企業は、
経営内容について、
知ることは、できません。
しかし、
上場企業は、
経営内容について
常に情報を発信しています。
株を
公開するうえで、
それらが義務となっています。
株は、
企業が倒産すれば、
その価値は、一瞬でゼロになります。
株式投資の際は、
必ず購入したい、
企業の事業、経営内容を確認しないといけません。
株の売買は、自己責任です。
投資家は、
日頃から企業研究が必要になります。
投資は、企業研究がすべてといっても、
過言では、ありません。
株を
公開することは、
企業にとってもメリットばかりでは、ありません、
株を公開した時点で、
株主、投資家、消費者、監督官庁から
常に厳しい監視が始まり、企業業績への
飽くなき要求が始まるからです。
企業の不祥事や企業の業績が下がれば、
その企業は、
即刻、上場廃止となる可能性もあります。
株を公開するということは、
企業のブランド力、知名度をUPさせ、
巨額の資金を得る手段となりますが、
上場企業であり続けることは、至難の業です。
大企業になれば、
株主は、世界中に数十万人います。
その人たちを納得させる事業、経営とは、
そう容易くできるものでは、ありません。
就職活動においても、
株式公開企業か
株式非公開企業の
有無は、大きいです。
一般の
中堅・中小零細企業は、
どれだけ美辞麗句を並べても、
それらは、公開企業とは、大きく違い、
その経営内容や企業情報を
第三者が確認することは、できません。
株式投資の強い味方で年数回、
発行される四季報と呼ばれる雑誌には、
公開企業の業績、
従業員の年齢構成、役員の名前など、
いろんな情報が簡潔に書かれています。
就職活動を
行う学生さんは、
必ず、
これら、
株式会社の
研究が不可欠です。
そうかといって、
株を公開していない企業が
悪い企業かといえば、
そういうわけでは、ありません。
企業研究を
行えばわかるのですが、
株を公開していない、
大企業も日本中にたくさんあります。
株式投資で
一番、大事なことは、
しっかりと投資対象の
企業を研究することです。