大人の科学を読む!-マイコンの世界へようこそ!-東京占い無料幸運-

コラム- Column-
GAKKEN-OTONA-NO=KAGAKU-24

今回、
紹介する一冊は、
学研から刊行されているムック、

『 大人の科学 』です。

『大人の科学』?
そうです『大人の科学』です。

大人が大人を楽しむための

娯楽用、
科学雑誌です。
そのため、

『 大人の科学 』は、

収録記事は、少ないですが、
非常に中身が濃く、
ついでに値段が高く、
毎回、付録が充実しています。
その中でも、
今回、
紹介する『大人の科学vol.24』は、
コンピューター、マイコンの特集となっています。

マイコン?

そうです、
マイクロ・コンピューターのマイコンです。

マイコンは、

自己完結型の小さなコンピューターです。

『 大人の科学vol.24 』では、

そのマイコンが付録として登場!
ムックを読みながら、
付録のマイコンを
オモチャにできる企画となっています。
しかし、
そこは、

学研の『 大人の科学 』、

記事は、
いたって真面目で
コンピューターの歴史から
プログラムの仕組み、ゲーム開発史、
パソコン史、プログラミングを通した付録マイコンの
遊び方、日本のコンピューター文化を
創った愛すべきPCオタクたちの
紹介など濃密な一冊となっています。

GAKKEN-OTONA-NO=KAGAKU-24

学研の『大人の科学』は、
本当に完成度の高い雑誌です、
人生や仕事でくたびれた大人の好奇心を満たして
くれます。
しかし、
一つだけ残念なことがあります。
このムックは、
大人向けではなく、

子供向けに作れば、

よかったのではないかという思いです。
この雑誌の
作りがいいので、
そこが本当に残念です。
昨今、
子供の数学、科学離れや
政府によるICT人材育成や
初等・中等教育におけるプログラミング
推進政策などの状況を鑑みれば、
教育用教材で実績のある学研なら、

子供たちが楽しく遊びながら、

コンピューターやプログラミングに触れられる
立派な教育用コンピューター雑誌を
作れるような気がします。
やはり、

今の日本に

必要なものは、

『 大人の科学 』ではなく、

子供が独学できる
コンピューター雑誌のような気がしてなりません。
それか、
大人と子供を

足し算して、割ったような、

『親子の科学』といった雑誌では、ないでしょうか?