【入門株式投資】株の世界で生き残る-いのちカネには手をつけるな!-東京占い無料幸運-

株の格言-The Stock Market-
株-東京占い無料幸運-

株式投資において、
一番、大事な言葉があります。
それが、

この『 いのちカネには、手をつけるな! 』という言葉です。

この言葉の意味は、投資をする際には、投資資金に余裕を持てということです。
これは、投資において、自分の願望や経験不足から、損をしても文句を言わないように、取り戻せない資金を株に使うな!という金言です。
投資を投機に変えるのは、この金言を守れるかどうかにかかっています。
投資は、将来の利益を得る目的で株を公開している企業の事業に個人の資金を投入することを指します。
投機は、資産を減額させることをいとわず、損失の危険を冒し、相場の変動を予想して、その差益を得るためだけに行う売買取引のことを指します。
投機は、相場が上下に動く隙を見つけて後で高値になることを前提に株を売買するギャンブル的行為だといえるのかもしれません。
これは、

危険です。

もし、
あなたが
株式投資を
始めるのなら、
決して『 いのちカネ 』には、手をつけてはいけません。
大事なことは、預金が150万円あるのなら、そのうちの数十%で投資資金は、十分だということです。
何も投資は、預金を使わなくてもいいです。来月の給料から数十%、ボーナスなどの臨時収入だけを投資資金に充てるとか、副業の小遣いのみ、年に十万円だけ、株を購入するとか、株との付き合い方は、必要最小限でかまいません。
株式取引には、こんな格言もあります。

『 株式と結婚するな 』

この言葉の意味は、簡単です。
株式投資において、大事なことは、余裕資金によって、投資をせよという意味です。
すべての資金を株に投入すれば、投資家の生活すべてが株式取引だけになってしまいます。
相場、マーケットに四六時中、張り付く必要は、ないのです。
人間同士の結婚なら協議離婚もできますが、相場との結婚では、離婚というものは、ありません。
すべての投機資金が消えるか、破滅の二つしかないのです。相場の世界は、誰かが笑えば、誰かが泣き、誰かが生きれば、誰かが死ぬのです。
決して
欲を出して
すべての『おカネ』を
相場につぎ込んでは、いけません。

何度も言います。

株式投資は、
ギャンブルでは、ありません。

株式投資

キャピタルゲインもある。
企業からの配当もある。

国への納税もする。

住民税も払います。
立派な経済活動です。
とにかく、投資の初心者は、小額から投資を始めることが鉄則です。
また、
そのような投資から、あなたの『おカネ』に対する態度や性格がわかってきます。
投資は、
自分自身の
欲望(SDS)や
自分自身の弱さと向き合う、

精神修行の場所でもあるのです。

そして、決して『おカネ』に汚くなっては、いけません。
投資から得た利益は、自分自身は、もちろんのこと、家族、恋人と、みなで分かち合いましょう!
投資とは、喜びを分かち合うことが真の目的なのです。
取引き!

売買!

トレードは公正公平です。

その歴史は、とても古く、1602年のオランダ東インド会社、設立までさかのぼります。
投資は、
自分自信が

幸せになるための手段です。

決して、
投資のせいで、
不幸になっては、いけません。

ウォール街には、

こんな格言もあります。

『 寝られぬほど、株を持つな 』

『 金言耳に逆らう 』ようでは、「 - 無量幸運 - 」は、遠退きます。