起業への長い道のり-石の上に何年いますか?-東京占い無料幸運-

起業の原風景- Aim for entrepreneurship-
起業-東京占い無料幸運-

石の上にも三年という諺があります。

石の上にも三年?

その諺の本当の意味は、
石の上にも三年続けて座ることができれば、
石が暖まるという意味です。
親、
学校の教員、
大手新聞の高説、
アルバイト先の威張った上司、
ブラック会社の腐った先輩従業員なんかに

「 オマエは、

   辛抱が足りない!

   石の上にも三年 」、

という、

理不尽な言葉を

言われてきた人は、多いと思います。

この諺の

本当の意味は、

『成功』には、

辛抱が必要だということです。
決して理不尽なこと利益にならないことを
我慢するという意味では、ありません。
ここで重要なことは、

『成功』という言葉です。

サクセスなんて日本語は、
うさんくさいですが、

「 無料幸運 」の

大きなテーマの一つも『成功』です。
多くの人は、

『 成功 』とは、

何かと
問われれば、
その返答に困った顔をします。
それでも答えを思い浮かべると、
オリンピック選手で金メダルの獲得、
国会議員志望者なら選挙の当選、
経営者なら事業が成就すること
受験生なら志望する学校や
資格試験に合格すること、
さらに地動説を
証明したガリレオ・ガリレイのように
人類の世界観を
揺さぶる業績を出して、

歴史に自分の

名前を残すことなど・・・

一般的には、

何かの目的を

達成したという意味が定着しています。
しかし、

『成功』という意味をよく考えれば、

それは、

非常に難しい言葉です。

『成功』とは、

人間の資質、

欲望、奮起、努力、

忍耐、我慢、奮闘、協力、

または、
複雑に入り組んだ外部環境や

『運』といった目には、

見えない川の流れの上で
演じられる相克した共演者達の

舞台芸術だったりします。

ちなみに宇宙開発に関しての『成功』とは、
基本的に大気圏離脱(突入)と
軌道投入だと言われています。
サンプル・リターンなんかできれば
『成功』の中の『大成功』です。
ここで話を石の上にも三年という諺に戻します。
驚くことに宇宙、
そう太陽系を
思い浮かべれば黄道帯、
十二宮を四等分すると三年なります。

三という数字は、

不思議な数字です。
数学が得意な人は、

三という数字を

割り切れない数字である奇数や素数という
考えを思い浮かべます。

三年という歳月は、

人間にとって、
一つの節目になるということなのかもしれません。
ここで

また話を『成功』に戻します。

私たちの多くは、働いています。
労働の形も多様で資産を働かせる人、
特殊能力で働く人、専門知識で働く人、
クリエイティブな才能で働く人、
その他、
多くの人は、

日々、

労働力を売りながら、

厳しい現実を生きています。

働くことを考えるとき
世の中には、
たくさんの仕事があることを想像します。
しかし、

現実世界において、

私たちが暮らす、

恵まれた、

先進国でも、

小,中,高,専,短,大,院の

どれかを卒業後、

大,中,小の

組織労働者以外に職は、ありません。
それは、
社会が用意した変えることの
できない仕組みの中での必然であり、

偶然の結果だったりします。

自分が選んだ仕事、
仕事に選ばれた自分、
仕事を選べなかった自分と
現在、
あなたが働いている

職場環境は、

本当のところ
あなた自身が導いたものかもしれません。
それとも

誰かに押し付けられた?

オレは、ワタシは、
選ばれた職、選んだ職を一本の道と考えて

進んで行くんだ!、

と覚悟できるような仕事なら幸福です。
また、

オレは、ワタシは、

自分が選んだ茨の道のみ進むんだという

覚悟がある人も幸福です。

しかし、

現実に

そのような人は、

少数派です。

そして、

何か情熱を

打ち込める仕事を持つ
彼ら彼女らは、

真のエリートだと思います。

しかし、

現実社会の多数派は、

不平と不満を
溜め込みながら

日々の業務を

こなしているのが

現実では、

ないでしょうか?

もし「 オレは、

           ワタシは、

      こんなはずでは、

           なかった。」、

と強く思っているなら、

その不満や不平を

あなたという世界に一つしかないロケットの
推進剤にして飛び出してみては、どうでしょう。
思い出してください?

あなたの出発点は、

どこですか?
そして『成功』となる目的地の惑星は、どこですか?
ロケットの発射は、

一発勝負です。

そんな、

ハイリスク・ハイリターンな

人生を望む人も
まだ、

世の中には、たくさんいます。

今は、
引退しましたが
NASAのスペースシャトルは、
何度でも燃料とメンテナンスがあれば、
地球と宇宙を往復する性能を持っていました。
大事なのは、

不満、不平、怒り、憎しみ

の燃料だけでは、ありません。

地球は、

人間の世界、
大気圏外は、

『成功』の世界、

そして、
シャトルとなるのは、

あなた自身です。

あなたが持つ、

欲望、

知能、知識、

知恵、努力、経験、

行動をコントロールする操縦能力と

目的地までの地図とコンパス、

緻密な計算と資金となる『おカネ』の有無です。
あなたの座っている石は、

三年たって暖かくなりましたか?

石は、座れば暖かくなります。
しかし、
人間社会は、

魑魅魍魎、世知辛い、

三年待とうが、

百年待とうが

今と同じです。
まったく、

暖かくなりません。

現在、

あなたが三年塞がりでも

あなたにロケット開発の意志と
燃料があれば、

今、

あなたが、
座っている

その石は、

あなたにとっての
ケネディ宇宙センター、
バイコヌール宇宙基地、
種子島宇宙センター、
酒泉衛星発射センター、
それとも、

神出鬼没な

移動式発射台となるのかもしれません。

三年飛ばず鳴かず・・・

あなたは、

三年竹?

現在の環境?

そうです。

地球を

抜け出そう

地球を

振り向くな
目的地の

星をつかもう

そのための挑戦と失敗に生きよ。
そして、

『成功』せよ

しかし、
失敗は、

怖い!

これが挑戦者を
足踏みさせる大きな理由の一つです。

守る家族や

守るモノがある人は、

当然です。
それでも、

何かに挑戦する心を

日々養うことは、
生きていくうえでプラスになることだと思います。
世の中の多くの人は、
そんなことを
考えない人のほうが大多数ですから・・・

Horoscopy 心配無用です。

1960年に構想された米国の
アポロ計画は、1号から17号まで
その道のりは、

前途多難で

人の一生と同じく、
平坦では、ありませんでした。

度重なる事故、火災、

パイロットの死亡、資金難、技術不足、
ライバル国である旧ソ連からのプレッシャーと
1ドルにもならない大国のプライド・・・
この事業は、
何度も、
何度も、

頓挫しようとしましたが

どうにか人類を月の周辺まで
送ることに『成功』しました。

後ろ向きでは、

絶対にダメです。

惰性に甘んじた前向きもダメです。

『成功』は、

常に上向きにあります。
それは、

あなたが見上げる空に

あります。
もし、
あなたが『成功』をつかみたいなら

失敗を恐れては、

いけません。

大きな失敗は、

致命的ですが、
日常生活の中で
小さな挑戦をすることにより、
たくさんの
小さな『成功』と失敗をすることができます。
そこから、

あなたにしか得られない、

経験知を得ることができるでしょう。
その積み重ねが大事なのです。

A-LONG-WAY

自分のために犠牲になるのは、

自分だけです。

目標のために我慢するのは、

自分だけです。

なんか、

やれる気がしせんか?

あなたの星は、

あなたを導きます。

暗黒、太陽、銀河、

そして、

『成功』へ・・・

しかし、

道のりは、

長い・・・