政治経済と占星術-東京占い無料幸運-

政治経済と占星術
政治経済-東京占い無料幸運-

意外かもしれませんが
古くから
星占いと
人間の政治活動、経済活動は、
密接なかかわり合いがあると考えられています。

2008年9月15日、

米国の
投資銀行リーマン・ブラザーズに
端を発した経済危機リーマンショックは、
月齢が
満月の時に起きました。
この
事件を振り返ると
「 月満ちればすなわち欠く 」という
古代人の言葉を思い出します。

星占いには、

古代より
人々の関心が高い
政治・経済の動向を
占う政経占星術(Mundane Astrology)という
分野があります。
本ブログ、

「 東京 占い-無料幸運- 」では、

国内、

国際を

問わず政治や経済に
関する時事占などにも
挑戦したいと考えております。

しかし、

現代社会は、法治社会ということもあり、
経済に関しては、
証券取引法上における
『風説の流布』にあたるので行いません。

日々、

目まぐるしく、
変化する政治・経済の動向は、
占いを行う上で面白い分野だと思われます。

本ブログ、

コンテンツである
「 政治経済と占星術 」では、
これら
人間世界の
営みにも
天体運動の影響と
その
歴史を
考慮しながら
見ていきたいと思います。
特に『おカネ』について考えることは、
大事なことだと思います。

今の

時代は、

厳しいです。

大企業の没落、中小零細企業の困窮化、
悪化する労働環境、就職環境の悪化、
格差社会、少子高齢化社会、就職氷河期世代、
各種年金額の削減、課税の強化、
外国人労働者の増加、賃金の低下、GDPの低下、
戦争の危機、エセ福祉、グローバル化、
外国人観光客の増加、若者の内向き化など

私たちの生活は、

安寧できない状況が続いています。
そこで、
大事なのが『おカネ』です。
戦後の日本では、自分の稼ぎに疑問を
持たせない安価な労働力を供給させる
政策の名の下に

『おカネ』について考えない。

または、

『おカネ』について考えさせない風潮が

強くなりました。
現在でも『おカネ』と

仕事・労働が

同じであるという考えが非常に強いです。
巷では、
年収300万円以下では、
恋愛・結婚対象にもならない。
年収1000万なら、
どんな仕事内容でも我慢できる。
東京大学法学部・医学部合格者の
世帯年収は、
1000万以上である。
仕事は、
我慢の対価である。
生産性の低い職業でも仕事があればいい。
さらに

勤勉ならそれでいい。

いろんなところから怨嗟の声が聞こえてきます。
これらは、
職業(学業)と稼ぐ『おカネ』が
一致していないといけないという誤解に
原因が
あるのではないかと
勝手に考えています。
現代では、

そのような考えが

多くの
不幸を
生んでいるのかもしれません。
この、
なんでも、

『おカネ』、『おカネ』、

という考えが
先行することにより、
本来なら
生活の工夫や
考え方でひとつで
改善できるようなことにも
注意を払わず、日々の惰性に甘んじてしまい、
私たちの
生活に万事、『おカネ』がすべてという
考えが
浸透することにより、

人間的な努力を

怠るようになっているのかもしれません。

もちろん、

好きなことだけでは、
生きられません。
仕事と
稼ぎが
一致することを
望むのも間違いでは、ありません。
しかし、
本来は、
『おカネ』を稼ぐことと

仕事・労働とは、

決して一致するものでは、ありません。
もし、
あなたに好きなことがあれば、
それを仕事にしていくことも
可能性としては、

ゼロでは、

ないはずです。
さらに現代のように
『おカネ』が『おカネ』生む金融市場が

発達した先進社会では、

「 稼ぐに追いつく貧乏なし 」という考えは、
通じません。
この言葉自体、
会社経営者、独立専門職、自営業以外の
正社員、パート・アルバイトなどの非正規社員など
給与・時給が固定されている勤め人や
その下働きには、当てはまらないのです。

本ブログ、

コンテンツである「 政治経済と占星術 」では、
政治経済の側面から『おカネ』について
考えていきたいと思います。
『おカネ』についての知識を持つことは、

競争という美名の下に

足の引っ張りあいに精を出す労働社会や
自分さえ良ければいいと思う邪悪な人間から

距離を置く武器になります。

それに『おカネ』を得るという行為は、

納税と同じ意味を持つので

一番の社会貢献にもなります。
占いは、

この

人間世界で

苦悩している人々への

コンパスです。

誰もが
幸せになって欲しい。
誰もが
笑って
毎日を
生きて欲しい。
天体運動は、

私たちを

大気圏離脱へと導きます。
宇宙の最果で「 -無量幸運- 」が
あなたを待っているのかもしれません。