宇宙からの招待状-無限に広がる大宇宙-東京占い無料幸運-

コラム- Column-
大宇宙の世界-東京占い無料幸運-

遠い、遠い、

大昔、

人々は、
夜空を眺めていた。
古代人の眼差しは、
素朴なもので
誰も
夜空に光る星星が天体であり、
物理的な運動に
基づくものだとは、
思っていなかった。

古代人は、

途方もなく
広がる宇宙を

ただ眺めていた。

しかし、
そのような古代人も
農耕を営み、都市を作り始めてから、
この大宇宙の仕組みに関心を抱くようになった。
古代人の眼差しが天体運動を見つめたとき、
その時、

天体は、

新しい動きを見せた。
古代人は、
季節によって
天体が規則的な
動きをしていることを
発見したのだ。
それは、
天体運動の
大きな秘密である。
そして、

時間の発見であった。

発見者が、
誰なのかは、
定かではない。
その発見者は、
太陽を見て、
昼と夜の時間を見つけた。
もう一人の発見者は、
月を見て、
さらに星を見て、
太陽以外の時計を見つけた。
この不変的な規則性を記録することにより、

古代人は、

この地球に
文明を持つことを宇宙から許された。
バビロニア人、エジプト人は、
それらの記録から、
正確な暦を作成し、
農業に活かした。
暦とは、”こよみ”のことをいう。
現代語に訳せば、カレンダーである。
そして、
この時代の
古代人は、
その絶望的な
地理的な隔たりをこえて、
天文の知識を充実化させていった。
南米、
中央アメリカで
花を開いたマヤ文明では、
太陽と金星の観測を基にして
農業を行ったといわれている。
そして、
この古代人達による

天体観測が

その後の
文明を大きく、
発展させていくことになる。
宇宙は、

ただ雑然と

星が散りばめられた無秩序な世界ではなく、
すべての星には、
秩序的な動きと絶妙な配列が
なされていることに気がついたのだ。

星の世界は、

今宵も
私たちを
無限の世界へと誘う・・・