【古代人の宇宙観】宇宙を見つめた古代人-東京占い無料幸運-

コラム- Column-
古代人の宇宙観-東京占い無料幸運-

遠い昔、文明が生まれた。
その時、
人間は、意識的に空を眺めた。
空を眺めた人間は、
大きな発見をすることになる。
まず、
はじめに
空でおこる、昼と夜といった
全地球的な自然現象を考え始めた。
次に月の満ち欠けを見つめ、
暦を作成した。
そして、
星空を眺めて季節ごとに同じ位置に
配置される星座から星星の円周運動に
気がつくことになった。
文明が発達するにつれて
古代人たちは、この星の動きから、
自然の規則を活用する術を見つけていく、
そして、
この自然現象から
宇宙の神秘や謎について
思いを巡らしていくことになる。
神秘に満ちた宇宙、
謎の天体、
そして、
地球で起こる
数々の不思議と
それらの関係性について
人間は、好奇心をそそられていく
月の満ち欠けと潮の満ち欠け、
四季の変化、天体の移動と配置、
これらの自然的因果関係から
古代の人々は、
占星術のアイディアを得ることになる。